スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書きそびれたお誕生日。

9/12はベリくんの14才のお誕生日でした。
さすがにそんな日に、最期の話をするのも無粋だろうと、
未公開の動画のUP等を考えていました。

実は8日から、酷い頭痛が一瞬たりとも止まない状態になり、
薬が飲めないので必死にやり過ごす毎日を送っていました。
そしてベリのお誕生日の前日=ベリママの誕生日、
プレゼントやケーキを用意してお祝いに行っていたのですが…
(今年は悩んだけれど…例年通りBERRYの名入れグッズを注文した)


茶々の右顎下、正確にいえば首に近い位置に、
6mm大ほどのグリグリとした固いしこりを発見してしまったのです。
猫ニキビの跡もないし、猫のしこり系は悪性の可能性が非常に高いコトや、
部位も部位なため、どう考えても疑われるのはリンパ腫でした。。

「べっくんを亡くしたばかりなのに!」
私は、とても冷静ではいられませんでした。
ベリを亡くしてから、動物に触れるコトが恐ろしくなってしまい、
特に最初の1週間は茶々もろくに触れずにいたんです。
乳腺付近とも思える腿に近い部分の腫瘍も、奇跡的に脂肪腫だった茶々。
(猫の乳腺腫瘍は80%以上が悪性と云われ、避妊も雌雄も関係ない)
2度も続くはずがない…と絶望してしまっていました。。

ベリの誕生日に、どうして…と。
泣くに泣けないまま眠れない夜を過ごし、迎えた12日。
午前の内に何時もの獣医さんへ連れて行きました。


結論を言うと、腫瘍でさえありませんでした!
なんて所に!と思わず言ってしまう部位ですが(見事にリンパ節だョ)
引っ掻いたか何かで瘡蓋が出来ていた所に、毛が絡みついて?
その毛の塊?みたいな物体が瘡蓋を巻きこんでしこり状に固まっていたと。。

「細胞診のために針を刺して院長に見せてきますネ」
と先生が茶々を奥に連れて行ったのも束の間、すぐに戻って来て、
「触ってたらやっぱり取れた!カサついてたからそうかと思って」
と毛の塊+瘡蓋を見せられました。
なので茶々ピさん、今もごっそりとハゲてますが
急を要するモノじゃなくて、本当に良かった(>_<)

そうだよネ!べっくんのお誕生日にそんな訳ないよネ!と言いつつ。
茶々は私と一緒なので苗字が違う&若い先生だったので、
「実は…ベリが亡くなって辛くて、このコのコト構ってなかったんです…」
と言ったら先生も「あ…○○ベリーちゃんのお姉さん!」と気付いて。
「そうですよねぇ…ベリちゃん亡くなったばかりでしたネ…」と。
でも猫ちゃんはストレス隠しちゃうから、症状が出た時には手遅れな時もあるし、
気を付けていてあげて下さいネ…と諭されました。


私とベリの最期の挨拶になってしまった、8/22の夜。
ソレは茶々にとっても同じでした。
そして4~5時間後の明け方前に駆け付けた時も、です。
兄に、やめろと言われながらも。
「お前を育ててくれたベリ兄ィに、ちゃんとお別れをしなさい」
と私は、ベリの亡骸を茶々にもしっかりと見せました。
何時ものようにキスをするコトもなく…茶々は目を見開いて固まっていました。

嫁に出て丸2年を過ぎて。
茶々が実家に来るのも時々になっていました。
一緒に住んでいた約8年間のように、くっついて寝るコトはなくなったケド、
茶々がベリを忘れたコトは一度も在りませんでした。
逢えば必ず挨拶し、酸素吸入をする様子も部屋に入って見守り、
「猫は3日で恩を忘れる」なんてコトバを見事に払拭していました。

泣き崩れる私の横で。
茶々も確かに、茫然とベリの亡骸を見つめていたのです。
ショックだったと思います。
何より、私が延々と泣き続けて茶々も触れずにいた最初の10日程は特に、
気が休まらなかったと思います。


茶々の缶詰の方のボウルはちゃんとしてたケド、
基本的に出したままのカリカリのボウルに関しては、正直、
おざなりに継ぎ足すばかりで洗い忘れていました。
プラスチック容器は猫ニキビの原因にもなるようです。
台も高くしたので、尚更に患部に当たってしまっていたようです。

「ベリの所へ行きたい、今すぐ死んでも構わない」
「ごめんネって言えなかった…ありがとうも言えてない!」
3週間、毎日毎晩、大声で泣き喚き続けていました。
「べっくんさえ居てくれたら何もいらない!!」
ベリが育てた茶々を守らなきゃ…と思いながらも心が追い付かなかった。

今回の件で、改めて、
"自分にとっては茶々も家族で大切な存在"なんだと気付かされました。
このコまで居なくなったらどうしよう…と絶望しました。
だけど私も主人も、ベリの居ない事実に途方に暮れていました。
実家では両親も泣き続けていて、私は帰宅すればひとり泣き叫んでいた。


そろそろアタチのコトも見て!ってサインだったんだな」
診察室でも、そう主人に言われました。
ひとまず安心して良いとの診断に、本当に本当にホッとした。
ベリの具合が悪くなり始めた4月に打つはずだった、猫ワクチン。
代わりにそっちを打ってもらって病院を出ました。

まだ瘡蓋の根みたいのもあって、ちょっと心配ではあるので、
来月辺りに猫ドックを受ける時にもぉ一度チェックはしてもらう予定。
11月が来れば10才になります。
相変わらずひとりでボールと駆けずり回って、ドリブルしたりはしてるケド、
夏辺りから大ジャンプは見れなくなりました。
白髪も増えて、顎だけだった白い毛もほっぺにまで来てしまってる。
茶々も、確実に年を取ってきています。

ちゃんと、見てあげなきゃ。
まだまだ後悔が拭えなくて、ベリに逢えない寂しさや悲しみよりもずっと、
自分を許せない気持ち・後悔と罪悪感がどんどん膨張して、
4週間が過ぎた今も、やっぱり泣き続けています。
私は3年半前に亡くした猫(ミミ)の時の後悔と教訓を、世界一大好きなベリにも、
とうとう活かせずに終えてしまいました。。
茶々までそうならないように、ちゃんと、見てあげなくちゃ。


安心したのか、気が抜けたのか。
相変わらず続いていた止まない酷い頭痛が、更に重くなり。
3連休の初日、遂に発熱も起こしました。
病院は当然やっていないし、主人も会社の厚生労働で不在。
家事をどうにか終えると共に激痛に倒れて、3日寝込みました。
ご飯の支度くらいしか出来なかったし、延々と殴られている気分で、
嫌でも呻き声や主人を呼ぶ声が上がってしまった。

ベリは、4ヶ月もの間、高熱が下がりませんでした。
どれだけ苦しかっただろう?
どれだけ助けを求めて、鳴き続けていたんだろう?
(ねね、助けて…!僕の側を離れないで!苦しいよぉ…)
きっとそう言っていたのに。
ギャンギャン吠え続けるベリを、私はとうとう、怒ってしまっていた。

「べっくんも苦しかったんだ…ねね助けてって言ってたんだ…
ねね怒っちゃったョ、ベリにうるさいって言っちゃったんだョ!
酷いねねだ、ベリが居なきゃ今だって生きてないのに…謝りたい。
ベリの所に行かせて、殺して…ごめんネ、ごめんネ、ベリー!!」
冷やされても引かない激痛と、ベリへの申し訳なさで何度も泣き叫んで。
痛みより、どんどん膨らんでいく後悔のが辛かった。
そして今でも、この気持ちは変わりません。


連休明けの16日に病院に行って。
そのまま病院を梯子して、持病の定期検査のための採血に行き。
木曜にも、ちょっと別の異常が出たのでタクシー飛ばして通院しつつ…
土曜に定期検査を無事に終え、やっと落ち着いた今日でした。
週末で熱も下がり、頭痛もかなり和らいだので、コレを書いています。

今月に入ってから実家の方で、祖母も認知症を発症してて。
祖父(アルツハイマー)と違ってかなり厄介な方なんで、ベリママも心配で、
具合悪かろうと実家まで行ったりと、ちょっと無理してたのも事実。
そろそろ無理も出来ない状態になってきたし、気をつけなくちゃ。
だけど頭痛発熱が治まって、食事も吐かなくなって一安心な今日です。
そして勿論、茶々のコトはたくさん構って撫で回しています♪

今週中には、お返事も書かせて頂きたいと思っています。
1ヶ月もそのままになってしまって、本当にごめんなさい。
感情の整理はまだまだ付かないのが本音ですが、前を向くためにも、
今週中に全部やらなきゃ!って、思っています。


四十九日は10/10だそうです。
その頃には最期の日のコト、書けると良いな。
今でも、ベリの写真を眺めてるだけで泣けてくるのが本音です。
(そして何故か大量の古いガラケーが見付からない…昔の写真が…)
だけど、少しずつでも先を考えられるようにならなくちゃ。

実家がバタバタなのと、自分達の生活の変化だったりで、
なかなか忙しくなってるのも事実。
すっかり時間に置いていかれて、気が付いたら4週間も?って感じ。
べっくんが寝たきりだったのもたった1ヶ月なんだよな…
何であんなに辛いなんて言っちゃったんだろう。。

今年に限って残暑もないネ。
寂しいのは、やっぱりみんな一緒だネ…茶々。
blog1_20140921231946c36.jpg

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

昨日のコト。

今日も朝からベリ当番。
茶々を連れて7時台に実家へ、久々に尻尾も振ってくれた(・ω・U
ご機嫌かと思ったら…ご機嫌にギャン鳴きし通し(苦笑)
でも、一昨日までに比べたらおとなしい時間もかなり長くて、
なんと少し仮眠とらせてくれたくらい♪

前回の介護の記事でも触れましたが。
薬は副作用が怖いから使いたくない、との意見にまとまってたので、
知人から教えてもらったトリーツを注文したのが月曜日。
Amazonだから2~3日で届くかな?
ちなみに夜中は今、早寝したベリパパが交代してるらしいです。


今週は久しぶりに現場に同行しているベリママ。
なので私が朝から実家にいる訳ですが、昨日(火曜)は変更があり、
朝から家に居られるとのコトでした。
なら祖父母のデイサービスの迎えも大丈夫だし、
こっちもやらなきゃ病院にも行けないし…と、
役所関係の手続きを片付けるコトに。

帰りに実家に寄ると、既にベリパパが帰宅していて、
せっかくだから病院に行くとのコト。
火曜は副院長と某先生だけの代わりに、大体空いてるんです。
ベリの負担にならないからちょーど良いなと。
(リンゲル=点滴以外の薬とかは、ベリを連れていかないともらえない)


薬とりに行かなきゃいけないケド人手がなかったからもので
ただ、仕事関係の来客があって家を空けられなかったので、
代わりに私が留守を預かるコトになりました。
なので病院には行けてないので、両親からの話です。

閉院間近で他の患畜さんもいなかったそうで、そんな日はベリー、
待合室で採血したりもあります(笑)
動けないから正直助かったり。
逆に、キンキンに冷やした大型犬用の診察室で待たせてもらう日もあります。
今回は採血はまだ早いので、処方関係だけでした。


ジルケーン出されたそうです。
抗不安サプリ…と云えば良いかな?
雷とか来客パニック=若いコにも使うやつ。


「鎮静剤とか危ないんでしょ?怖いから娘がボーロ注文したのを待ってて」
みたいなコト言ったらしくて。
あぁアレかって感じでわかったらしくて。
「じゃあコレ試したら?小型犬用の量しかあげないからベリーなら安心でしょう」
と渡されたそうです。


私なんかは某サプリで重大な副作用が起きた経験があるので、
サプリにも相性はあるし良し悪しだとは思います。
そんな意味でも少量から始めるのは良いと思います(・ω・U

ちなみに自分のソレは、少量の時は何とかなったケド、
増やしなさいって言われて増やしたらアナフィラキシー起こした。
商品名は差し控えますが、
わん友さんからも時々その名前を聞くので、その話題が出た時は、
こんなケースもあったときちんと言おうと思ってます。


…ん?ママ3粒あげてた気が。
そしたら225mgだから小型犬じゃなく中型犬じゃないかな?
まぁベリの体重を考えたら十分に少ないから、様子見にはちょーど良いかも。
(確か大型犬は1日500mgなので)

ネットで買った方が安いんだケド、増税もあって、
送料を足すと価格は変わらないみたい(・ω・`)
とりあえず1ヶ月くらい試してみようと思います。

ソレから、やっぱりステロイド切ると辛いので再び出してもらうコトに。
「そしたらまた数値が変わるかもョ?数値悪くなると気にするじゃん」
と先生…まぁソレが悩みなんだケドねぇ(・ω・`)
「そりゃそうだケド、具合悪いのは辛そうで嫌!痒いと夜鳴きも悪化するし」
と云うベリママの要望で、リンゲルにも入れてもらいました。







さて、週末は引っ越し。
月曜が祝日なせいで火曜に役所巡り&私の定期検査。
その4日後の土曜には、火曜の結果と共に診察と投薬相談…と。
(そして間の平日に茶々の獣医さんも恐らく)
かなりバタバタな上に病院や検査があるため、
来週から、病院が終わるまでの10日ほど更新をお休みします。

転院の可能性があったりもするので、少し自分事にも専念しようと思います。
3連休中にひとつ予約投稿がUPされるので、その後になる月末ですネ!
よろしくお願いします(・ω・=)


★本日、プチ予約&アプリ投稿です★
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ


ベリの急変。

【4/12】

前日の朝から食べなくなる。
おやつさえ顔を背けて拒否、牛肉だけ少し食べる。
無理に口に入れても吐き出すため投薬も無理。

今朝、肉さえも拒否。
水も飲まず何も口に入れさせない。
午前中に黒い血のような塊を嘔吐。
軟便でもない固いうんち、でもこちらも真っ黒。
私が行く予定だったが、慌てて両親が病院へ。

真っ黒な部分も含め、
お腹の中で出血している可能性を言われる。
お腹が膨れているのは血が溜まっているからじゃないか?と。
ソレか希望的観測で、牛肉のせい。
体重は−1kg程度。
血液検査の数値は以下の結果。


①ヘマトクリット 30.8%
(基準値40〜55 =貧血)
②腎臓(BUN) 37mg
(基準値7〜27 =脱水症状)

③肝臓の数値
ALT 729 (基準値10〜100)
AST 73 (基準値0〜50)
ALKP 1199 (基準値23〜212)

肝障害を起こしている様子。
原因は不明。
脱水症があるため何時もの皮下点滴。
投薬が出来ないので注射を数種。

食欲を取り戻して投薬が出来るなら、自宅でOK。
但し、もし一向に食欲が戻らない場合は点滴で毎日通院か、
自宅で私達の手で注射を打つコトになるらしい。


夕方、主人と共に実家に到着。
寝たままのベリが尻尾を振って反応し、何だか要求吠え。
「べっくんもしかしてお腹へった!?」
えぞ鹿ジャーキーを細かくしてあげてみると、おずおず食べるベリ。
そのうち指ごと食われるΣ(゚ロ゚)

「やっぱりお腹空いたんだ!また点滴が効いたのネ!」
とみんなで悦びつつ、ビスケットやねね作ケーキは相変わらずダメ。
小麦粉系おやつとドライフードは一切受け付けないまま💦
丸1日半も絶食してるのに、こんなに偏食がある辺り、
やっぱり少ししか食欲はないらしい。。


ベリは鶏肉と鮭にアレルギーがあるため、
獣医さんで療法食を長年買っています。
…ようはあの高いやつです(^ω^;)
なのに、ベリが食べてるのに限ってどんどん廃盤になって、
値上げと共に毎回変わってしまってます💧
で、今はロイヤルカナンのタピオカなんです。
コレが超曲者!!!

食欲が落ち始めた今月、人間の介護食同様に、
またグロースを食べてたパピー時代同様に、ペイストにしようと思った。
そうすればスプーンで流し込むコトも出来る。
しかし…タピオカ、皆様お馴染みあのタピオカ。。
モチモチしすぎて溶けないから、全く柔らかくならない!

寧ろ中途半端にねちゃっとした餅状になり、食べ辛くなりました。
ミルミキサーでひいてみたり、色々したのにてんで無理!!
何じゃこりゃ(>□<)で前にも諦めたんです。
当然、今回もフードを潰すコトは出来ない訳で。。


最近はもぉ、神経質になるより少しくらい食べさせちゃおうと云う気もあり、
(綿アレルギーと言われてるのに毎日お洋服着てベッド寝てるし)
含まれてるくらい良いよネ?となってます。
市販の缶詰もビーフと書いてあってもまず、鶏が含まれてますし、
家ではおやつを鹿肉と馬肉にしてても、お散歩では鶏のを頂く訳ですが、
一向にアレルギーは出てないのも現実です。

日本のラブにしては脚が長すぎると言われるほど大きなベリー。
恐らく許容量もかなりの量でしょう。
メインであげなきゃ良い、もぉこの年まで頑張ってくれてるんだから、
少しでも美味しく過ごして欲しい。
そんな気持ちから、最近は缶詰を買い置きしていたんです。


さて、食欲が少し戻ったらしきベリー。
野菜と牛肉が角切りになったタイプは、全くダメ。
いかにもな定番ウェットフードの、挽肉みたいなあっちは食べたので、
いきなりお腹に負担をかけないよう普通の半分以下で様子見に。

とりあえず食べたので、私達も帰るコトに。
エゾ鹿が固い気がするので、牛さやを買って届けてから自宅に帰宅。
元気がないのでお散歩はなし。

夜、ベリママに電話したところ、
「嘔吐した」との連絡が。。
しかし、食べた量の半分以下であるコトと、薬はないコトから、
投薬は出来たと思われるため様子見に。


【4/13】

金曜の夕方に置いて行ったケーキを食べたとの連絡。
ビスケットも食べたらしい。
「寧ろフードだけは食べないから我儘言ってる」
と笑うベリパパ。一安心?
うーん…でも普段のベリなら何でもガッ付くしまだ本調子じゃないな。
とりあえず誰もいない時間を狙って、お散歩に行って様子見。
体力は戻ってない感じだし、少ないから出るモノも出ない。

相変わらず角切り系や野菜やフードは一切ダメ。
何時も薬を入れてたチーズも警戒してダメ。
この日も缶詰に薬を混ぜてスプーンで食べさせる。
でも、おやつ食べるようになったなら良いんじゃない?
くれくれ吠えしてるくらいだから食べる気力もあるし
と、この時はだいぶホッとしてたんですが。。

夜は嘔吐なし、うんちも普通の色になってきた?


【4/14】

朝、ベリママから、
「べっくんが起きない、微動だにせず寝っぱなし」
と連絡が来る。
どーしても夕方4時頃までは行けなかったので、途中で聞いたら、
半ば強制的に起こしたら、おしっこも出て、薬&ごはんも食べたらしい。

散歩に連れて行こうとカートに乗せたら、介護マットでうんち💦
そのまま家の前をひたすら歩きうんち。
(ベリは小さい頃から、歩かないと出ないコです^^;)
ずいぶんたくさん出たからスッキリしたかな?
だいぶ調子も戻ったかな?
と思いつつ、ご近所をブラシで洗ってベリも綺麗にして、いざ土手へ。

お友達や、お友達のおうちのお孫さんを追いかけてみたり、
昨日よりは元気になって見えるベリ。
実は明日から、ベリママも一緒に遠くの現場に出なきゃならないので、
早朝から私が実家に行くのですが、
「今朝の感じだと、明日ママが出る時間じゃ起きてないから薬よろしく」
と云うお願いをされたので、よっぽど起きなかった様子。


つい先程、ベリママから電話。
明日早いのにこんな時間に起きてるなんて…ベリ吐いたか!?
と思ったら、ソレ以前の問題でした。

ベリさん、私が帰ってから眠りっぱなしで、
何回起こしてもごはんを拒むらしい。
一昨日の土曜までと同じ状況。
ふん…って顔を背けて、ほっといてって態度をするらしい。。

とりあえず、私も明日は早い時間から必ず行くので、
さすがに来たら起きるんじゃ?とも思うんですが…
また全く食べなくなったら、通院しないといけないので、
点滴のために病院に連れて行こうと思います。
問題は、ひとりじゃ運べないコトだから、誰かの帰宅次第だけど💦


そんな感じで、一進一退な体調のベリーです。
何のシンクロか、今夜は食いしんぼ茶々までごはんを食べずに寝たままで、
たった今(23:41)起きて来て、食事台の前にオスワリ中。
こんな時間まで食べたがらないの始めて(>_<)
ベリも今頃、食べてたら良いな。。

お散歩後も食べたがらなくなったなら、夜中に試すしかないし、
(寝返りしたいとかおしっことかを知らせるために、鳴いて家族を起こすのです)
そうなるとベリママには無理になるので…
明日も変わらないなら、明後日は自宅で預かろうか考えてる所です。

とにかく今はベリが少しでも元気になってくれたら良いです。
我儘でも構わないから、ごはんを食べて欲しい。
本当に、ただソレだけです。

続きを読む

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

急変の理由?

日付はとうに変わってしまいましたが、
わかりにくいので18日の日付で書きます。

昨夜、ベリママから電話があり、
私が帰ってからますます様子がおかしいと言われ…
「金曜は午前中に様子を見に来て、土曜の朝は一緒に病院いこう」
というお願い電話だったんですが。
(お通夜に行ったら告別式も出てと言われたそう)

たまたま今日は主人が家に居て、
本当は別の用事で出かけなきゃいけなかったんですが、
「土曜までじゃベリくん可哀想だから俺が行く!」
と言ってくれたので
用事をキャンセルしてくれ、今朝は一緒に連れて行きました。


ベリーは、昨日のブログのままの状態です。
すっかり自力では立ち上がれなくなってしまっていて
抱っこしようにも、なかなか手が入らない(>_<)

ようやく下ろしたら、何時ものコトですが玄関でうんP。
抱っこで力んで出ちゃうのかな?
粗相と云うか外まで間に合わないんです、最近ずっと。
勿論、コレはすぐ取れたので問題なかったんですが…

用を足してからカートに乗せよう!と少し歩かせたら、
どんどんどんどん、お腹が緩くなっていって。。
昨日も、無理に起こすとちっこ漏れちゃったりしたし。
寝たきりで下痢しちゃったからあんな状態だったんですが、
もぉ出ないのに苦しそうに、ずっとお尻を下げてあちこちに…
しかも、軟便じゃなく水溶便に変わっていたんです(>_<)


道路や駐車場、おうちの前などあちこちでポタポタ。。
カラダを支えきれないベリ自身のカラダにも。
何時もトイレ用に持ち歩く巨大ペットボトルでも足りず
バケツやボトルにたくさん水を張って、ひとり往復してお掃除。
ベリは主人がウェッティで拭いてくれてました。

ブラシで擦ったりもして、やっとご近所のお掃除完了!
って時には、もぉ20分以上たってしまいました
ベリに付いちゃったのも水で流し、カートに乗せていざ出発!!
…と、忘れモノと勘違いした旦那くんが引き返すΣ(゚ロ゚)

そんな訳で私、初ひとりカートデビュー☆←
ひとりでカートに向かって話しかけながら進むョ!
重い!でもひとりで引っ張るョ!!
工事の人や道行く人が、何だか立ち止まって二度見もしてくるョ!?笑
08.jpg


細い道を通ったら、リハビリ?に歩いているおばあちゃんが2組。
前からも後ろからも来るから停車して待ってたんですが、
子供を数人乗せてんだと思い込んでたらしいおばあちゃん、
(保育園で見るアレのイメージでしょうかネ?)
モノ凄い驚いたらしく説明を求められて、わちゃわちゃ(笑)

車がびゅんびゅん往来する駅前の2車線の道は、
昔から混雑するのに狭い…のに、今じゃ区のバスが通るんです。
だからなかなか渡れないのは小さい頃からでした。
段差もあるから必死になる私、涼しい顔のベリーさん。
うぉーん!旦那は何処ですか!!゚(゚´Д`゚)゚


やっと病院に着いたのは、実家を出た40分後でした。
(ちなみに実家から病院まで徒歩3分…←)
今日は院長が午前しか居なかったようで、まさかの混雑
もぉ、平日とは思えない土日と同じ状態でした。
ベリでは中に入れないので、カートで外で待つコトに。
ちょーど主人も到着しました。

兄の同級生のお母さん&こてつくん(フレンチ)がやって来て、
久しぶりにこてちゃんを撫で撫で♪
待ってる間にあちらは診察も終わって帰っちゃったから、
今日のベリーは院長なんだろうとココで知る。
ベリを6年も診てくれた先生が春に退職なさってからは、
院長か副院長か、とか担当医が固定じゃなくなっちゃったのです。


ずっとカートに乗ってたら、急にベリがキャンキャン
「あ!カートじゃ寝がえり打てなくて辛い!?」
そうなんです、ベリには窮屈なこのカート。。
ずっと同じ姿勢で苦しいのを我慢してたみたいで
気付かなくてごめんネ!ベリ(>人<)

外で寝かせられないので、介護マットのまま待機。
09.jpg
今日は病院なのでシンプルなお洋服にしました。


1時間ちょっと経ち、少し空いたので抱いて中へ。
今日は2時間近く待ったのかな?呼ばれてまず体重測定。
37.1kg…ん?37kg!?Σ(゚ロ゚;)
ちょっと!久しぶりに見た数字じゃないベリさん!!
おやつ食べすぎ!No!しばらく減らすョ!?
と、私は今日コレがいちばん衝撃的だったかもしれません←


本日のベリの来院理由は、
①何時ものステロイド&ウェルメイト(抗生物質)がない
②薬が切れてから異常に鳴く&耳が変
・壁に頭をぶつける
・横倒れに寝たきりの状態で必死に旋転する
=耳が痒いとか痛いんじゃないか?
③プラスして昨日から下痢
④そういえば薬が切れてから立ち上がれなくなった気が?


だったんですが、②については前庭疾患=脳障害の疑いと。。
前庭疾患によく見られる症状だと言われ、思わず冷や汗。
でも眼振には異常なしなので中耳炎じゃないか?と。
何れにせよ、耳が痛くて堪らなかったみたいです…
だから昨日あんなに2時間も必死に泣き喚いてたんだネ。
本当に、ベリに申し訳なくなりました。。
痛かったんだよネ、ごめん…(・ω・`)


お腹の方はついでだったんですが、実は酷かったようで…
恐らく、ベリは炎症体質で、腸にもちょっとそーゆうのがあり、
ステロイドが巧く腸内を保っていたのかも?と。
だから薬が切れたら、何故か下痢まで起きたんじゃないかと。
そんな推測が立つそうです。

そして起き上がるコトさえ出来なくなった原因も、
元々ステロイドは関節炎でも処方される時があったので、
微量とは云え足腰にも効果があったのかもしれないと。
こちらも、お腹同様にそんな見解でした。


何時ものステロイド&ウェルメイトの再開。
もし1週間また飲んでいても異常行動が変わらないなら、
頭部のレントゲンで脳の検査をするそうです。
特に問題がなければ、何時ものように2週間後でOK。
ソレから、腸炎の方の抗生物質も足されて処方されました。
腸の修復に3日かかるらしいので、こちらは1週間分。

そして、シロップタイプのサプリが新たに追加されました。
ニューロアクト。
神経系にも良いビタミンB群とクルクミンが入ってるそうで、
グルコサミンも若干入ってるそうです。
本当はグルコサミンをまた飲ませようと思ってたんですが、
いきなり初日から併用すると万一、副作用が起きた時に、
どちらが原因かわからないのでまずは1週間はこちらだけで。


一緒に住めない私、薬は勿論ベリママに頼みます。
コレ、6プッシュって言われたケド、1回でドバッと出ちゃう…
「スポイトに線書かれてるしコレで良いや!」
説明し直しても大雑把なベリママ、そして我が家(笑)
両親がO型なので、全員Oです…(・∀・)

ちなみに主人の両親もO型なので、純血のO型。
つまり私達に子供が生まれても、大雑把しか生まれません←
でもみんな凝り症だったり職人なんですョ~
仕事と凝ったモノだけは延々としつこく細かくやります!笑
お仕事は、正確さが売り!(`・ω・´)キリッ☆

…話、逸れましたネ
とにかくそんな感じで、今は中耳炎の治療をします。
甲状腺の薬は2駅先の小さな獣医さんでもらってるので、
(地元の病院が出来たのはベリが5才の時なのです)
夜は両親がそっちにも連れていったそうです。
グルーミングと甲状腺だけは、今もそちらでお願いしてます。


そんな訳で、2時間半の病院もやっとおしまい
よく見たら受付内のケージに保護にゃんこが2匹も!!
ちっこい!のぼってる!めちゃくちゃアクティヴ!!
主人、初めての子猫だっこにおっかなびっくり(笑)
そして一言。。
「こんな動き回るのいたら、俺が作業できない…」
そうなんです、子供も子猫も彫金机が危ないのです、うちは

寝たきりだったベリさん。
診察台でも横倒れの寝たきりで、何度も落ちかけて危険で(>д<)
なんてくらい身動きひとつとれなかったベリさん。
今日は一度も顔を起こすコトさえ出来な…


…ちょ!
おじいちゃん、子猫みたら起きた!起き上がれた!!
10.jpg

きゅんきゅん鳴いて欲しがるベリの謎の父性愛(?)
必死に眼で追う。
くぅ~ん…と呼んだら子猫、いっちょまえに「シャー!」
さすが、茶々を育てたベリくんならでは。。
怒らずしょんぼり、ソレでもじっと見つめていました。


ベリくんにはもぉ育てられないんだョ~と宥めたら、しゅん。。
やんちゃな子猫達、良いご家族が見つかりますように

そして早くベリが治りますように…脳障害じゃありませんように。
まぁ、私もベリママも絶対違うと云う、
何時もの根拠のない自信に充ち溢れているのできっと大丈夫♪
根拠はないケド、当たるんです。


茶々を育てたと云えば
昨日の、ぐったりしたベリくんに近寄る茶々さん
ブログ用に写真まとめたから、土日にUPしよっと(*´ω`*)

みんな元気で居てくれたら良いな。
1日でも、とかそーゆう数字は巧い喩えが思い付かないケド…
ちょっとでも元気で、ちょっとでも長く。
許されるならずっと隣に居て欲しいって、切に願います。


寝不足で病院に行って1日動き回ってたら、急な睡魔が凄くて、
主人と茶々と、2時間も川の字で夕寝しちゃいまして(ノ∀`;)
寒くなって茶々がベッドに潜り込んでくるようになりました
起きたいのに、猫が可哀想で寝坊する季節です(笑)

だいぶ遅くなってしまったので(現在3:10)この辺りで。
病み上がり、叱られ中なので早く私も薬飲んで寝ようっと!
何時もご心配ありがとうございます♪
コメントお返事、明日させて頂きます(*^-^*)
何時も遅くてごめんなさい



★今日も応援ありがとうございます★
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

BERRY
birth:2000.9.12
kind:ラブラドールレトリバー
sex:♂  color:イエロー
weight:36kg

おっとり優しい男の子。
泣き虫、かなり甘えんぼ。
ラブなのに愛想がないマイペース。
だけど我慢強い頑張り屋さん!
前肢のハンデ・甲状腺障害、
お腹の中の巨大腫瘍…。
そして高齢による様々なコト。
どんな困難にも負けない強い男の子☆
茶々
birth:2004.11.20頃
sex:♀ kind:茶トラ
weight:too heavy...

とても賢い分かなり生意気。
何時まで経ってもやんちゃ娘。
真冬の氷雨の中、ベリに拾われた。
自分を「大きくなれない大型犬」
だと思っているらしい。
特技はレトリーブ&ドリブル!
なかなか珍しい茶トラの女の子。
MaNa
birth:11.25
sex:♀  type:O

ベリ茶々の『ねね』
とにかく大型犬が大好き!
だけどベリは両親の息子ちゃんなため
2012年、茶々を連れ嫁入り。
料理と動物が好き。
家中をラブ・茶トラ・キティちゃんの
グッズで溢れさせる迷惑な妻←
ベリーの介護のため何かと実家へ赴き
顔を見に行く生活。
シニアlifeでも幸せなのです♡
JUMPEI
birth:10.1
sex:♂  type:O

旦那さん。茶々のにーたん。
今まで犬猫はおろか、幼少時から動物
に一切関わらない生活を送ってたのに
犬バカ一家の娘にプロポーズ…
しかも大型犬。そして嫁入り猫付き。
今ではかなりの猫バカ茶トラばか♪
ベリの介護にも率先して参加しベリの
ために実家付近に家を借りてくれた、
すっかり動物好きな銀細工職人。
IV-U
Unique,Universal,Unknown,Unchain
の4つのU【4U】をコンセプトに、
あなたのためのアクセサリー(for you)
を全て手作業で作っております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
はつこいclock
旅するジャッキー
わんポチにゃんポチ
ランキング参加してます♪
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。