スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お水の飲み方/病院の結果

ちょっと良くない報告があるので、先に笑える話から
さて、ベリさんは水道から流れるお水を飲むのが大好きです。
家では勿論ボウルに溜めた水を飲んでましたが、外に出ると、
玄関先にある水道から飲ませろ!と要求するのが昔からでした。


…家では、ボウルに溜めた水を飲んでました
過去形です、えぇ過去形なんです(´・ω・`)
今、この「お水の飲み方」が、我儘おじいちゃんの代名詞になってます。

具体的に何日から?は理解らないケド、
4月の拒食事件の時の始め、肝障害&脱水を起こしてたのがきっと最初!
ベリがちっとも水を飲まなかったんです
で、元々立ち上がるのが困難なコだから、行くのが辛いんだ!って思って、
「お水は?」ってボウルを顔の横に持って行ったりしてました。

貧血と拒食が始まり、いよいよ危ないと言われた頃、
何時ものボウルを持っていっても全く飲まなくなりました。
ソコでベリママが「べっくんは水道から飲むのが好きだわ!」と、
ペットボトルに水を汲み、受け皿代わりに料理用のでっかいボウルを使い、
こんな風に飲ませ始めたら喜んで飲んだんです


「あ~楽ちん♪おいしいわぁ」
blog1_2014053014071484a.jpg

あの時はもぉ、とにかく生きてくれたら!
うるさくても我儘でも良い、とにかく無事でいてくれたら!
と、みんなで必死だったのです。
そうして気が付いたら、このスタイルが定着しちゃったベリさん。


ソレでも、夜中とか買い物中のお留守番なんかは、
さすがに立ち上がって自分用のテーブルに飲みに行ってたのに…
(やっぱり溜まったおぶは美味しくないわ、僕あっちが良い)
とでも思ったんでしょうか、うちの甘ったれ頑固お坊っちゃんは。。
今では真夜中だろうと明け方だろうと、ひゃんひゃん鳴いて、

ママー!べっくんお水!お水飲ませなさいョー!!

って、ベリママを遠慮なく起こすようになりました(´Д`)!!
おかげでベリママ、毎日寝不足でバテバテです…
本当、どんなに喉が渇いても頑として普通の水じゃ飲まないし、
何なら受け皿がこの料理用のピンクのボウルじゃないだけでもダメ!!
ペットボトルから流れてくるのは全く同じなのに


ちょっとベリきゅん!?
おかしな拘りで具合悪くなったらどうするの!
blog2_20140530140716d1c.jpg

いい加減に甘やかすのやめよう…と目論みはしたものの、
イコールで危険に繋がってしまう今。
そして、芯は弱いのに我が強い最近のベリの前では無意味。。
仕方なく、毎日何度もペットボトルにたっぷりと水を汲み、
床をびっしゃびしゃにしながら、流した水の1/20くらいしか飲まなくても、
毎度こうして人の手で飲ませてあげてます。

授乳に見えるのは私だけでしょうか…うちのハイシニアさんたら。。


まぁ、そんな姿を見て可愛いとか笑ってるから余計にだよネ(笑)
だってベリ、可愛いんだもん(ノ∀`)←



そんな、飲ませてくれなきゃ飲まない!
な日々を送っているベリーでした


* * * * * * * * *

水曜日、病院に行ってきました。
梅雨入りの頃で良いと言われていた次の血液検査。
予想以上に暑くなるのが早すぎたので、念のため早々に

まず、前回=3週間前に、一気に数値が変わり改善の兆しを見せつつ、
ギリギリ基準値には達していなかった血球計算ですが、なんと!
全て正常値になりました(((o(*゚▽゚*)o))) 
※ちなみに、平均赤血球容積・同色素濃度・同血色素量と、
白血球・ヘモグロビンは前回も正常値。僅かに更に良くなってはいる♪

ヘマトクリット  40.2%  (前回37.4% 基準40~55)
血小板     37.6万   (〃 54.6万 〃 17.5万~40万)
赤血球     550万   ( 〃 514万  〃 550万~850万)


やっぱり、脾臓は関係なかったのかな?
毎回こうして改善してるなら、脾臓に癌があって血を…じゃないよネ?
なんてホッと胸を撫で下ろしつつ、まさかの展開が。
代わりに、肝障害が急激に悪化しました。。

ALT  727    (前回441 基準10~100)
AST   74     (〃 48   〃 0~50)
ALKP 測定不能 (〃 1382 〃 23~212)

遂に、数値がぶっちぎりになって測定不能が出てしまいました。。
前回はかろうじて基準値だったASTもアウト。
副院長曰く、トータルでも調子は悪化と云う結論になってしまうらしい。


入院や、静脈からの点滴(半日預ける)が通常の処置なんだろうケド、
今のベリにとってはソレが大きな負担になってしまうし…
とりあえず、今まで通り自宅でのリンゲル注射を続けるコトに。
そしてこちら=地元の病院でもフィラリアの件を打診しましたが、
同じく、もぉフィラリア投薬はしなくて良いと言われました。。

そしていちばんは、39℃以上の発熱をしているコト。
翌日木曜に私が測った時も(体勢的にそけい部で検温)下がってなく、
今日の夕方で38.8℃でした。

外に連れて行こうとしたら、玄関で後肢が効かなくなって落下し、
その時にハーネスで締まった影響かフラついて、更に頭から転び、
顔を打って前肢から転がって…あぁ巧く説明できない
とにかく可哀想なコトになって、近くの公園までカートを押し、
おしっこ1回したらへたりこんでしまったので、歩かず帰らせました。


明日は、ずっと前からベリの想い出の場所へ…
主人にとっては初めての場所へ数年ぶりに行く予定でした。
ベリパパと、私と主人とベリーで。
車に乗る余裕もなくなっているので、25分で着ける所にと。
だけど、熱があるから試そうとしてたコトは中止になりました。

ソレでももしベリの気晴らしになって、少しでも喜ぶなら…
暑いから逆効果かもしれないケド…ベリママは反対してるケド。
何かあれば抱っこする!と主人も言ってくれてるので、ちょっとだけ。
連れて行くだけ連れて行って反応をみようと云うコトに。

無事に過ごせますように。
ベリが、ちょっとでも元気になってくれますように…!!


★元気玉、よろしくお願いします★
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
スポンサーサイト

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

** Happy Anniversary! BERRY **

今日は2014年5月22日、
ゲリラ豪雨に見舞われた東京でしたが。
2000年9月12日に生まれた我が家のベリー
たくさんの心配事はありますが…本日、無事に、

生後5000日を迎えました!!

ベリきゅーん!おめでとう((o(*゚▽゚*)o))
13才5ヶ月と10日。
生まれてきてくれて、弟になってくれてありがとう


この5000日記念日は、本当に本当に嬉しい日なのです。
だって…1ヶ月前には獣医さんに、
「あと1ヶ月もたないでしょうから好きなモノを食べさせてあげて下さい」
なんて言われたベリが!
一時は何にも食べられなくなってしまった、あのベリが!!

ガツガツと私達の指ごと噛む勢いの食欲を取り戻して。
最悪だった血液関係の数値も一気に改善させて。
何度も何度も言われてきた「覚悟して下さい」のコトバをまたも覆し、
幾度目かもわからない奇跡を今もこうして起こしてくれています

アレ以来、本犬も知らないうちに粗相をしてしまったりと、
多少の悪化なり老化の進行なりはしてるケド…
今日もきちんと自分でトイレに行って、ご飯も盛大に要求して。
薬も手作りご飯(ベリ的にはおかず)もしっかり一気に食べきって。
療食フードを出せば、ふりかけをかけるまでは維持でも口をつけない!
と頑固にお皿を睨み続け…(笑)


変わらない日常を送れているコト。
変わりなくこの素晴らしい日を迎えられたコト。
全てが、何物にも変え難いギフトです

生後50日で我が家に来た、
小さな小さな真っ白なパピーは。
その100倍の時間をこの家で過ごしてくれています。
そして、コレからも記録を更新します。
blog1_20140523000036245.jpg
10/22に家族に。その1週間前にブリーダーさんのおうちで出逢いました。


呼んでも反応は遅いし、おいでと言うと途中で足を止めて考えてしまうし。
(何で僕が行くの?途中まで来たからくれば?と思ってたらしい)
アイコンタクトはしない、あまりわんことは遊ばない、愛想もない。
小さなチワワが怖い、カラスが鳴くのが怖いから帰れない…
とてもラブラドールらしいとは言えない性格でした。
blog2_2014052300003732b.jpg
おすわりした頭のてっぺんから床まで、たったの28cm!!

だけど壁にはカラダと同じ大きさの穴を開け、
階段も床板も齧るひどい悪戯っ子で!
初めてでも海に飛び込み、筋肉が痙攣しても陸には上がらず、
休ませようと無理にでも上げれば海に向かって延々と吠え続けて。
通りがかる人に、さすがラブラドールと笑われたり。


男の子らしくない丸くて柔らかい顔立ちに、
日本のスタンダードよりも二回りは大きいカラダと脚の長さ。
「こんなに可愛い顔のラブは見たコトない!」
「なんて中性的な可愛いコなの~」
なんて、ご近所でも出先でもよく言われた器量良しだけど、
近付けばみんな「うわ!こんなに大きいの!?」と云う反応に変わる(笑)
blog3_2014052300003901b.jpg

褒められても尻尾はそんなに振らない。
呼ばれても、チラッと見るだけで近寄らない。
おやつをくれる人にだけはオスワリして訴え続ける。
他のコにおやつを取られても何も言わない。
「顔は良いケド性格の悪い男って感じ?」
「いや~でもこんな優しいコいないョ、何でも譲っちゃう」
そんな風に言われて、何時も笑われていたっけ

家族には甘えんぼで、姿が見えないだけで鳴いて。
我儘もいっぱい言うし、お留守番させれば仇をするし、
テーブルの上のモノは勝手に盗むし。
怒ってるのもお構いなしにリードを咥えて持ってくるし。
(本当に良い性格してる…)って呆れたりもしたなぁ。


こんなに大きいのにモノ凄く臆病で、後ろからそ~っと近付いて触ったら、
ショック死するんじゃないか!?ってくらいの凄い声で絶叫して
雷が鳴ればテーブルの下に避難!
花火が上がればテーブルの下に避難!
大き過ぎて頭しか隠れてなくても、何時間も避難訓練してた。

なのに、どんな怪我でも鳴かなかった。
どれだけ痛くても、我慢して耐えていた。
見ていて苦しくなるくらい忍耐強くて、よくこっちが泣いた。
その度に、どーしたの?と慰めに来た、器の大きなベリくん。
お友達が喧嘩を始めたり、吠えられたりすると必ず止めに行った。
暗がりの道を散歩する時は、守るように周囲をきょろきょろ見回してた。


ギャップだらけのベリー。
毛が長すぎて、オッターテイルはフラッグテイルだったし。
去勢手術は3才過ぎだったケド、一度もマウンティングはしなかった。
ヒートだろうと、女の子の背中に手をかけたコトさえなかった。

たったひとりの女の子に、フラれても怒られても、何度でもアタックして、
撃沈する度にテーブルの下で泣いていた。
ラブなのに、恋の病でご飯まで食べなくなった。
彼の生涯は、他の誰にも恋をしなかった。
そんな、とんでもなくいじらしい一面だって持っている。


いちばん嫌いなモノは猫ってくらい、大の猫嫌いだったのに、
真冬の氷雨の中で捨てられた小さすぎる震えた猫を、
拾いに行ったのはベリーでした。
体温を求めて近寄ってくる子猫を、男の子なのに育て続けました。
blog4_20140523000040ac2.jpg

引っかかれても、噛まれても乗られても、
飛びかかられて階段から落ちそうになっても毎日許して。
ソファに茶々が寝ていれば、そっと端で丸くなって気を遣って。
暑がりなのに、寒がりな茶々に合わせてくっ付かせて。
blog6_20140523000527293.jpg

いくつになっても、何時も、
何処でも一緒に過ごしていたベリと茶々。
blog5_20140523000041bbd.jpg

優しい優しい、穏やかなコ。
我慢強くて頑張り屋さん。
臆病で我儘で甘ったれだけど、ソレでも強いと言える、
かけがえのない素敵な男の子。
私達家族は、みんなでそう想っています。


思えば、ベリーの犬生は困難の連続でした。
僅か6才で、走るコトも跳ぶコトも一切出来なくなってしまい、
大好きなボールも二度と追えなくなりました。

大手術の末に、面会謝絶の9日間の入院のせいで精神まで破壊され、
迎えに行けば虚ろな眼で反応さえなく…
病院が見えなくなった途端、堰を切ったように小さな声で泣きだし、
尋常じゃない量の毛が一気に抜け落ちました。
肘には今も消えない手のひら大の酷い褥瘡が残っています。
blog7_201405230005291d2.jpg

その若さで半年以上も外に出るコトさえ出来なくなりました。
2度に渡った大手術。
半年間、ギプスを付けて過ごしました。
白やピンクやオレンジのバンテージのひとつは、今も壁に貼ってあります。
blog8_20140523000530795.jpg


ソレでも耐えて、耐え続けて、
やっと外に出れた日は7年前の6月…お祭りでした。
blog9_201405230005326aa.jpg

五分五分と言われた自足歩行。
痛みに耐えて一緒に歩いてきてくれました。
ハイシニアになっても、どうにか少しは歩いてくれています。

体重の8割を支える前肢に、酷いハンディキャップを抱えた日々を、
どんな気持ちで過ごしていたんだろう?
大好きな人を見付けても駆け寄るコトが出来ない。
ボールもディスクも投げてもらえない。
高い所に乗れば過剰なほどに怒られる。
柵を越える綺麗なジャンプもとても出来ない。
みんなが走り回る中を、どんな気持ちで眺めていたんだろう。。


こんなに走るのが好きだったのに。
blog1_2014052300112805e.jpg

他のどんなボールやディスクより、
テニスボールがいちばんの宝物だったのに。
blog2_20140523001129bdc.jpg

「菜々ちゃんちにお祝いに行こう」って言ったら、
じゃあ僕のボールもあげるのって、真っ黒なボール咥えて、
「汚いから嫌だョ、洗っても落ちないし」
って言ったら怒ったのか何度でも持ってきて(笑)
一緒にプレゼントの袋に入れるまで絶対に見逃さなかったなぁ。
そのくらい、ボールは特別なモノだった。


ソレでも、歩くのはやっとになってしまっても、
海に行けばやっぱり飛び込んで。
ねねの乗ったボートを引っ張って、救助犬ごっこして遊んだり。
親戚のいる佐渡ヶ島へのフェリー。
狭くて急な階段はとてもベリには危ないから、
特別に、荷物用のエレベーターに何時も乗せてもらってた。

誰もいない海、ひとりで何処までも泳いでいたのに。
もぉ何年は見ていないだろう。
尻尾で舵を取りながら、上手に泳ぎ進む背中を。
blog3_20140523001130709.jpg


ねぇ、ベリー。
君はうちに来て幸せだったのかな?
もっと良いおうちがあったんじゃないか。
プールやドッグランがある家庭ならのびのび過ごせたんじゃないか。
そんなコト、不意に思ってしまうんだョ。

ねねは、どんなに怒ってもベリに過剰な塩分とおやつを与え続けて、
骨折するほど太っても吐くまで人間のお菓子をあげてた祖父母を、
今でもやっぱり許せないんだ。
茶々が来たらベリを追い出して、邪険にして、
今度は茶々をこんなに太らせた。
ケージを勝手に開けて無理やり外に出して、放し飼い癖をつけられた。
野良猫に襲われた茶々も何度か大怪我をした。
だからねねは、茶々を連れて行ったんだョ。

でもベリは、茶々と一緒にいたかったよネ。
ねねとだって、本当は一緒にきたかったよネ。
少しずつ減っていく家族。
その寂しさを、君に味合わせてしまった。


「ベリくんは幸せだったのかな?」
ねねは時々、夜が来ると泣いてしまいます。
手が付けられないくらい泣き喚いたコトもありました。
本当は何時までも走るよろこびを噛み締めていて欲しかった。
自分の勝手で、何度もベリを置いて出掛けてしまった。
今じゃ住む家まで違う。
毎日通っていたって、夜は別々に眠らなきゃならない。

ベリは幸せだったの?
きちんと幸せにしてあげられた?
一生、そんな自問自答を繰り返すと思う。
骨が変型した痛々しい姿に、罪悪感を感じない日はない。
家族みんなが、きっとそう後悔してる。
(あの時、転ばせていなければ…)
きっと、ずーっと、そう悔やむ瞬間は消えない。


だけどさ、ベリー。
ひとつだけはっきり理解ってるコトがある。
ベリが幸せだと思ってくれてるかなんて、ねねには理解らないケド…

ねねは、幸せだったョ。
今でも何時も、幸せなんだ。
ベリが居てくれて本当に幸せだョ。
家に帰るとベリの姿が在る、その事実が愛おしくて。
みんな、ベリが居るからどんな時も笑ってるんだ。

ベリくんが築いてくれたたくさんの幸せな時間は、
この先どんなコトがあっても絶対に消えないから。
生まれてきてくれてありがとう!
たくさんの奇跡を起こしてくれてありがとう。
どうか、コレからもずっと隣にいさせてネ。


ベリパパと東北3県へ、男旅に出掛けて行った9才。
blog4_20140523004822b35.jpg

まだ、シニアがピンと来なかった10才。
blog5_20140523004823cc7.jpg

腫瘍は見付かっても、まだまだ元気だった11才。
blog6_20140523004824428.jpg


一進一退を続けた12才。
blog7_20140523004826476.jpg

13才直前、カートデビュー。
blog8_2014052300482764b.jpg

そして、一気に老化が進んだ13才半を越えた今。
blog9_20140523004941b9b.jpg

いくつになっても、どんなベリーも大好き
世界でいちばん可愛いベリきゅんだもんネ(・ω・U


そんな、記念すべき5000日目。
かなりご機嫌ななめの今日でした…
ちっとも撮らせてくれないの(>д<)
blog10_201405230049420a3.jpg

ベリママも現場に行ってるから、ねね、茶々連れて早朝から来たのに。
知らん顔してるから買い物に出たら、ずっとお怒りでした。
明日も朝から来るからさ、明日はもぉ少し撮らせてネ?

そんな、初めての連日更新でした
しかしねねはくたくたを通り越してボロボロに。。
茶々が重くて、早朝にキャリー積んで自転車が結構大変
(お弁当作って主人を送り出して、家事してから慌てて茶々を詰める)


ベリの驚異の回復と5000日を記念して…
いや、今のベリが喜んでくれるかはまだ理解りませんが
来週末はお楽しみを作りました♪
楽しみだなぁ(*´ω`*)

何だか今日が最後みたいな書き方になっちゃって、嫌ねぇ。。
明日も明後日もその先も、ずーっと続きますョ!
5000日間、幸せだったから
5001日目からもハッピーに決まってる(((o(*゚▽゚*)o)))

ベリも、ちょっとでも幸せだと想ってくれてたら嬉しいな。
なんて思いながらの本日でした。


★お付き合いありがとうございます!猫タワーは直ってません★
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

老犬写心展/まさかの大事件…!

土曜の夜中、まさかの事態が…
のんびりお風呂に浸かってたら、何故かこの状態で茶々ピ登場!!
blog5_20140521224839c05.jpg

「…は?」
と思わず固まる私と、固まってる茶々さん。
だってありえないモノ抱えてるじゃないこの男(´□`)!!!
blog6_201405212248416e7.jpg


部屋に戻って、現実に絶句。

キャットタワー、折れてる。

blog7_201405212248426aa.jpg


茶々のお気に入りの中段カップが!!
下のハウスにも、更に下の広いステップにも絶対に行かないのに…
最上階にもたまにしか行かないのに゚(゚´ω`゚)゚

仕方ないから最上階を外して付けました。
ハウスに逆さに立てて(カップ部を嵌めて)爪とぎだけ出してみた。
爪なんて元々コレでといでくれませんが、一応。
blog8_201405212248440e9.jpg

買い換えようにも…ねぇ。。
太り過ぎのせいなのか、置き型は突っ張りよりダメなのか?
ミミとファーファが母娘で使ってたタワーは何年ももったのに
当時、同棲記念で買ったタワーが…(´・ω・`)
ギリギリ2年ももたなかったなんて
茶々が無事で良かったケド、歯磨きするために、
茶々と主人で両側から力を掛け合った拍子にバキッ!とイッたとか。


まだ20代で、髪も茶々カラーの刈り込みで若く見えた旦那ちゃんが、
茶々に噛まれまくりながら買ってくれたプレゼントだったなぁ←
この2年でずいぶん性格も容姿も丸く…お腹も丸くなったなぁ…(笑)
あまりに腕と手首を噛まれて、躊躇い傷に間違えられてたなぁ

引っ越したりしたら次を買わなきゃになるんだろうケド、
次は天井に突っ張るタイプのを選ぼうと思います。
ソレか、コレってどーにか直るんだろうか?
ベリパパに聞いてみよっと(>_<)

ちなみに茶々もこの2年で、お腹も性格も丸くなったケドね!
ダイエットフードでまさかの増量!!
やっぱり一軒家の階段ダッシュがなくなったのは痛いです。
blog9_2014052122484588f.jpg
ねねは、痩せたり太ったり繰り返してて困ってます。
付き合い始めはあんなに細かったのに!って周りに笑われすぎて開き直った(`Д´)



そんな土曜の、昼間の話。
GWも出掛けられなかったケド、今週末から休日出勤だし、
ちょーど最終日とのコトだったので♪
ホタパパさんの『老犬写真展』に行ってきました(・∀・)ノ
blog1_2014052122424436d.jpg

写真数点と、オーナーさんからのお手紙。
そして羊毛フェルト&粘土細工でひとつのフレームになっています。
可愛い瞬間・オーナーさんとの愛たっぷりの瞬間を収めた写心達は勿論、
羊毛と粘土の作品はやはり凝視してしまいました(>ω<)
樹脂粘土かな?被写体わんこの名前入りケーキとか色々

看板犬ホタルちゃん。
ねんねしてるところを撫で撫でさせてもらいました
blog2_201405212242457ee.jpg


唯一あったイエローラブのフレームが、まさかのベリと同い年
涙ぐんでしまったのは内緒(´;ω;`)
みんな頑張ってるんだな~って嬉しい気持ちと、
自分で歩けてるのが羨ましくもあったり。

ラッキーちゃんと言うそうです。
もぉ、思わずお写心の写真を撮らせて頂きました、
パパママにも見せてあげたくて!
こんなに元気なコもいるんだから頑張ろうって
一緒に長生きしようネ、ラッキーちゃん♪
blog3_20140521224247d53.jpg

優しくて温かな写心がたくさん(*´ω`*)
そしてたくさんの羊毛フェルトが可愛かったなぁ
来年も是非行きたいです。
blog4_20140521224248c90.jpg


写心展にかけてベリーの話をしたかったのに、茶々に全部持っていかれた。。
そんな週末でした。
日曜は、遂にカートの中で大量のおしっこしちゃって大騒ぎで、
マットから服からベリ自身から大変なコトになりました。
ベリに「黙ってて!」って言われたので、詳細は割愛(・ω・U

&そーいえばのTwitter。
たまにしかつぶやかないケド、わんにゃ用のアカ取ったので
こちらになります。
迷子のお知らせとかもたまに拡散してるので、
よろしければフォローしてみて下さいネ♪


明日は大事な日
待ちに待ったとっても大事な日なのです((o(*゚▽゚*)o))

だから明日もまた更新しまーす!
…多分…いや、更新したい
絶対に22日中にUPしてみせるんだッ(`・ω・´)


★熱がやっと下がりました★
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

茶々のお留守番/ベリに冷やっと!

ベリくんの所へ毎日行くので、
(元々そんな感じだったケドもw)
お留守番ばっかりしてつまんない茶々さん。
春を過ぎた今、またプレイキューブに入る季節です

「ちょっとベリ兄ちゃんの所に行って来るからネ」
何時ものように枕して、おとなくしねんね。
「待っててネ」と言うと、片手を出してきて、いってらっしゃい
毎日キューブでお留守番してくれてます。
blog1_2014051700530883b.jpg


この日は両親が、夕方の注射の後で買い出しに行くコトになり、
私もベリと待つため帰りが遅くなるコトに。
定時上がりの主人に連絡すると、一度帰宅してから迎えに来ると。
「茶々ピのお水とまんま取り替えておいて!」
とLINEを飛ばしておくと、返ってきたのは…

≪茶々さんこんなですww≫
ちょ、おみゃーさん!
ねね達のベッド改良して、どんだけ伸びてんだΣ(゚ロ゚;)
blog2_201405170053090c7.jpg

そして、私が帰宅するときちんと、
素知らぬ顔でキューブに戻ってました。
「ご主人様を待つアタチ、ベリ兄ィより忠犬だにゃ」
blog3_20140517005311995.jpg
いやいや、留守中の色々知ってるんですケド!


具合が悪い朝、茶々の声でなかなか起きれずにいると、
枕元に座って(普段はベッド脇で見上げてる)腕を何度も噛んできます。
だんだん強くなっていくの、ひと噛みごとに
初めは控えめで、どーにも起きないと思いっきり!!

茶々って何時までも子猫ボイスで、
普通のにゃんこみたいな鳴き方しないから、
(ナァ~!って怖い鳴き方を絶対しないのです)
うちにいた他のにゃんずには、声が怖いってよく思ってたケド…
茶々ピは高い声で、にゃん!にゃん!って。
たまにワンワン言ってる感じなのがまた…(笑)

あ、コレもある意味ベリっぽい?
blog4_201405170053126eb.jpg


主人が出た後、あまりに具合が悪くて少し仮眠とったりする時、
出がけに主人なり私自身が、茶々を捕まえて、
「ねねと一緒ねんねしてあげて」
って言うと、見送った後に一緒にベッドに上がってくる。
「ごめん…今はおとなしくしてて」
と私が言うと、自分のキューブで寝る。
バカ猫!とか言うと凄い勢いで向かってくる←

ベリと同じくらい言語理解してるんじゃないか?
って、何時も思う。
ベリよりクレバーなのがまたねぇ…
嫌なコトは聴こえないふりするのは、ベリ茶々どっちもだけど


そんな、育ての親のベリさんは…
blog5_20140517005719d4a.jpg

帰ったらすぐごはん待ち。
blog7_2014051700572047d.jpg


何時もの地元の病院は、ベリが5才の時に出来たので、
ソレまでは2駅先の小さな病院へ行ってました。
今も、甲状腺の薬と肛門腺のために月1で通っています。
(ベリは肛門腺が凄く奥にあって、地元の病院じゃ誰も絞れない)
しかしその小さな病院は、猫と小中型犬しかレントゲンも撮れないから、
肛門腺や耳掃除のためだけって感じ。

今日、フィラリアのハガキが来たので連れて行った所、
「フィラリアが発症するのには大体1年くらいかかるから。
ベリくんはもぉ薬なんて飲まなくて良いです」
と、出してもらえませんでした
…何!?その1年もたないからみたいな、匙を投げ方!


納得いかないから、何時もの病院行ったら打診してもらうケド、
結局こっちでも『絶対手術しない!』って言った時に、
「ならベリーちゃんはもぉもたない、あと数ヶ月ない」
的な言われ方されてる訳だし。。
「何かみんなに匙投げられててもぉ悲しいを通り越してた気分」って、
ベリママがぽつり。

本当に脾臓を癌が覆ってるなら何で食欲取り戻して、
何で11%もヘマト上がって他のも正常値に近付いてるのョ!
と、相変わらず私はぶぅぶぅ。
だから、今ココに居るベリのコトだけ信じる。

震災の1ヶ月前に手術が原因で、猫を餓死で亡くした経験があります。
そのうちこのコ、ミミの話も書きたいと思ってますが。
同じように癌だと言われ、同じように高齢でした。
そして、同じように他の先生達はみんな手術に反対して…
もぉミミのような想いは、絶対にさせたくないんです。


…と、ココまで打ってたらご飯をがっついたベリが、
フードの方を詰まらせたらしく呼吸困難で大変な目に遭いました
(今は手作り&療食フードの半々です)
ゼェとかグッ!とか声にならない声を上げてて、
口も開けないし水も飲まないし明らかに息できてなくて、
吐かせなきゃ!ってひたすら背中とか叩いても全然で。。

30秒以上も呼吸できてなくて本当に焦った、こんなの初めて!
泣いてんだか笑ってんだか分からない=半パニックでした
やっとの想いで吐かせたら、全部丸飲み!!
ひとつも噛んでないのが手のひら2つ分の大きな塊になって出てきた。。

もぉびっくりしたし、可哀想だし、どぉ病院に行けば!?
とか凄い速さで目まぐるしく考えちゃった(>_<)


本犬もかなり苦しかったそうで、だいぶおしっこ漏らしちゃってました。
そりゃそうだよネ…ずいぶん長く息できなかったもんネ(ノ_・。)
でもさベリ、ご飯は逃げないからせめてフードは噛もうョ。。
拒食中の、嫌々少しずつかじってるのが嘘みたいに、
いっそ昔よりも噛まなくなって、最近は慌てて丸飲みしてるし…

食欲全開になったのは良いケド、
フードだけは手で少しずつじゃなきゃダメなんだなぁ(・ω・`)
とこちらも反省。
しかし…どーなるかとめちゃくちゃ怖かった
しばらくベリも落ち込んでました。。


そんなトラブルもありつつ。
実は発熱しながら実家に通っている近頃
ベリが心配で安静なんて無理だし、熱が中途半端で休む気にならない←
何日続いてんだろ…いつ下がるんだろ(´д`)
と、まとめきれなくて気が付いたらこんな時間でした。

日付が変わっちゃったからもぉ今日だけど、土曜なので、
教えてもらったホタパパさんの『老犬写心展』に行く予定
シニアさんの写真も見たいし、羊毛作品も見たいし、
自分達が出展するギャラリーもあちこち探してるので、色々と見たくて♪

体調的に自転車は諦めて、おとなしく電車で行こっと。
久しぶりのお出かけだし、楽しみです
帰りにベリくんの所に寄らなくっちゃネ!勿論(*´ω`*)


と云う訳で、この土日にビッグサイトで行われる、
デザインフェスタには今年は出展しません。
実は当選してたんだケド、新作も含めて作品が間に合わないと理解り、
今回は早々に辞退させて頂きました

オーダー受けてる分が終わったら、構想中のアクセサリー作って、
私も新しいわんモノも作りたいな。
今年は冬もデザフェスは出ないし、またギャラリー出せると良いネ


さて、売りモノではなく完全趣味&練習中の羊毛は…
以前載せた途中が妙にデメキンだったので、目を打ち直し、
何時もと違ってお口(・ω・)は付けないまま仕上げてみて。
もひとつ趣味なミニスイーツと共に並べてみました
blog6_20140517010256373.jpg

ブライスとか、ドール用のサイズのケーキです。
直径3.5cmしかないのに、くまくんにはでっかすぎた(^^;
ブライス好きの友達に送る用に作りつつ、ケーキはマグネットにして配る予定♪

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

菜々ちゃん凛ちゃんと♪

今日は、菜々ちゃん&凛太朗くんのお庭へお邪魔してきました
写真もりだくさんでお送りします

さて、菜々ちゃんはベリにとって『初恋の君』であり、
ベリの犬生において唯一のお相手でした(・ω・U
我が家にとっても、初めて出逢った大人のイエローラブでした。
(ベリの両親はチョコと黒で、犬舎にはイエローの成犬が居なかったので)

本格的なお散歩デビューをする、少し前。
まだ小さなベリにリーシュを付けて、やっとの思いで近所を回ってた時、
菜々ちゃんの大きさにびっくりして!!
「こんなに大きくなるの!?信じられない…」
なんて言ってたのに、ベリは菜々ちゃんの3回りくらい大きくなりました(笑)
ベリママは今でもこの話をよくします(・∀・)


初恋は実らず…と云うお約束通りですが、
そもそもベリはマウンティングさえしたコトのないコで
女の子の背中に手をかけた経験さえない不思議なコなのです。
「ベリちゃんは紳士!」ってみんなに言われてたケド…多分違うんだろうな~
愛情表現は、ひたすらストーカーとお耳ぺろぺろ(ノ∀`;)

去勢したのは3才過ぎですが、ヒート中のコに寄られても無視。
菜々ちゃんにフラれた日はテーブルの下に隠れてしまい、
恋患いでご飯も食べられず、きゅんきゅん鳴き続ける…
逢えない日は土手で待ち続け、ソレでも逢えないと私を引き摺り、
強引に菜々ちゃんのおうちへ行ってストライキ!!
菜々ちゃんのおじいちゃんに助けてもらい、やっと帰れてた中学生の時


そんなとっても人間臭い、いや、人よりよっぽど一途に、
存分に片想いをしていたベリさん
去勢後は男にはまり(笑)実は同じ犬舎の生まれだった、
ゴールデンのジロのお耳を舐めながら何処までもジロについていき、
ジロ&ベリで泳いだり、うさぎまで捕まえたコトもありましたΣ(゚ロ゚;)

そんな中、菜々ちゃん家にやって来た凛ちゃん
凛ちゃんとベリの関係は、菜々ちゃんとベリの若い頃まんまで、
はしゃいで飛び付く凛ちゃんをベリがガウガウ言いながら嫌がると云う。。
本当に、まんま世代交代でした
「やっとあの時の菜々ちゃんの気持ちが理解った?」
ってみんなに言われてたネ、ベリー。


凛ちゃんのが大きく見えるケド、実は体重はベリのが上だったりします。
(ベリも小さくはなったケド今で35kg近くある)
blog1_20140511223502d30.jpg

恒例、凛ちゃんの股くぐり~♪
blog2_2014051122350432c.jpg


blog3_20140511223505cdf.jpg

blog4_20140511223507120.jpg

blog5_20140511223508ff1.jpg


セーラーマン、涼しげなのは格好だけ(笑)
blog6_20140511223536dc8.jpg

今日は暑かったから、凛ちゃんも休憩しながらでした
blog7_201405112235375bf.jpg


やっぱり菜々ちゃんが好き
blog8_20140511223539fc8.jpg

本日、唯一の3ショット!視線バラバラ(ノ∀`;)
blog9_2014051122354065a.jpg

13才8ヶ月と、15才2ヶ月。
まだまだ元気でいてネ、頑張って行こうネ(>ω<)
blog10_20140511223542d48.jpg


気が付けばみんなシニアになっていて。
あの時のわんずで今も残っているの、ベリと菜々ちゃんだけだネ、なんて。
ベリの小さい時はたくさんいた大型犬も、今は数えられる程度。
凛ちゃんが来た頃でも20頭くらいラブ&ゴル&フラットが居たのに…
本当にたくさん居たレトリバー達、もぉ5~6頭ほどしか見ません。
黒ラブちゃんも全員いなくなっちゃったな。。
ベリと同い年のコだって4頭いたのに、もぉ誰にも逢わないな。

今だって、もぉ十分頑張ってるのはわかってる。
ソレでもまだまだ頑張ってもらわなくちゃ!
だって、みんな一緒にだもんネみんなで頑張ろう♪


さて実は今日は、渡しそびれていた菜々ちゃんのお誕生日を渡しに…
と云うのがいちばんの目的でした。
何で今頃!?と思われちゃいそうですが、実はこの御三方、
みんなで見事に交互に具合が悪くなってました(>_<)

3月末は菜々ちゃんが肺炎に。
(ベリも咳き込みが悪化し、肺炎!?と病院に行ったら何時もの気管)
菜々ちゃんが良くなったら凛ちゃんの肝臓の数値が上がり、入院と通院に。
(ベリも同じようなおしっこが出て病院に行ったら同じく肝臓が!)
4月は、ベリと凛ちゃんどちらも通院でした。
そうして拒食まで始まったベリは最近お伝えしていた通りに。。

4月末に貧血が起き、今度は菜々ちゃんと同じに。
もぉ、ベリが何だか菜々ちゃん凛ちゃん追っかけてるみたいに
「いくら好きでもそんな所は追っかけちゃダメだョ!」
と、菜々ママにも先生にも…ラニママにジャムママに…もぉとにかく、
逢う人みんなに言われてたベリなのです。
こんなに交互になったのはさすがに初めてで、でもだからこそ相談も出来て、
何だかんだで今また復活してる今日この頃


そんな訳で、心配しあってたからこそ、
今日みんな無事で逢えたのは尚更に嬉しかった(*´ω`)
しかし、あまりに重なっていたせいか、病院に行くと、
「今凛ちゃんが奥(入院とかの部屋)にいますョ」
なんて診察中に先生から言われたり、あちらは逆に、
「今日お昼にベリーも来てましたョ」
なんて言われてたそうです(ノ∀`)

近所で同じ色のコは、実は菜々ちゃん凛ちゃんベリだけ
やっぱり、私にとっても家族にとっても、尚更に特別な存在です♪
コレからもみんなで、ずっと元気に年を重ねて行けますように。。


最近発掘したインスタントカメラの写真。
冬だから多分ベリ1才過ぎ、菜々ちゃんも3才前かな?
blog12.jpg

はしゃいで制されてるベリに、眼をそらす菜々ちゃん(笑)
昔はコレが毎日でした、懐かしいなぁ(>∀<)
blog13.jpg



★次回はさすがに茶々も登場?★
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

よく頑張ったネ!

昨日のベリさん。
お散歩後におんもでぼんやり中、ねねとにーたん(=私達)が登場。
ちょっと嬉しそうにしてくれた♪
blog4_201405072141568d0.jpg

さて、最悪の告知から12日。
自宅で打ってる注射も切れたので、病院に行ってきました。
GWも明けたし院長も休みだから空いたかな~?
と思いきや、まさかの激混み
中が小さいコとにゃんでいっぱいで入れなかったので、
担架マットで駐車場の端に待機するコトに。

実は、カート移動中に何時ものように顎を掻き始めてしまい、
そのまま皮膚がべろっと外れて血塗れに…!(>□<)
イボになった所からの出血なので、止まらないしポタポタ垂れるし、
地面や床やベリ自身も、何度拭いても血だらけでした。。
(結局、止めようがないから当分そんな感じになるらしい


そんなイレギュラー出血もありつつ、本題です。
アレから毎日、手作り療法食のために実家に通い作ってましたが、
その甲斐あって食欲は戻ったケド、やっぱり不安でした。
「もしまた数値が下がってたらどうしよう…」
鉄分補給と、鉄吸収をよくするための食べ合わせと
考えながらやってはみたケド、結構アバウトになっちゃってたしな…

血液検査のため採血をして、ベリママを残し、先にベリは帰宅。
カートをびゅびゅんと押しておうちへ
ベリパパに上げてもらって、あんよを拭いておやつあげて。。
自転車で行ってたので&私が結果を聞かなきゃ意味がないので、
帰りの荷物を持ってから病院に戻りました。

思ったより早く結果が出ちゃってたので、診察室には入れず
到着と同時にベリママが出てきて、
「何だか良くなってないみたい…注射も続けるって」
なんて言うもんだから、ショックもあったんだけれど。
ココまで来たら結果見て帰る!とお会計を待ち、紙を受け取ったら…


※結果が書きにくかったので図にしました
blog5_20140507223746732.jpg

きゃー!まさかの展開(((o(*゚▽゚*)o)))
ヘマトクリット、11%もUP!!
赤血球も血小板も正常値に近づいてる
思わずベリママにも、
「貧血かなり良くなってんじゃん!ちゃんと見なかったでしょ!」
と文句を言っちゃいました(^^;)

ちなみに体重は34.7kgでした。
ハーネス込みでコレだから、意外と全く増えてなかった
欲しがるからもぉ少しあげても良いかも。。


ただ、下の方を見てみたら確かに悪い部分も。
肝障害が復活しちゃってましたこりゃレバーだ。
レバー、肝臓良くない時は負担かけやすいから週1が理想なんです。
(ラムも少量から様子見た方が良いらしい)
だけどベリ、量をだいぶ減らす代わりに毎日あげてたんです。
とにかく今は鉄だ!鉄吸収でB群と相乗効果じゃ!と。
ココまで上がったなら、明日からレバー減らして肝臓メニューだな~

肝臓にはタラなどの白身魚が良いそうです。
きのこは相変わらずGood!そして何より根菜。
鮭アレルギーもあるから、魚より根菜優先しようかな?
肝臓には絶食も…と書いてあるケド、貧血前の肝障害と違って、
今は食欲もりもりだからソレはなしの方向で。

「おやつもっとよこしなさいョ!」
blog1_201405072141529a1.jpg
最近、悪い顔ばっかり撮れる(笑)
ついでに言うと舌をしまい忘れてます、ベリさん。


そんな、本日のベリでしたが
混雑で駐車場待機してた時、フラッティちゃんが乗った車が!
「フラッティだフラッティだ~」とはしゃぐベリパパ。
車に貼ってあるステッカーに、ん?と思う私。
「…あ!菜々ちゃんのブログで見たコトあるコかも!」
と、ママさんに伺ってみたらビンゴでした(*^-^)v

そんな訳で、フラッティのサラちゃんとご一緒させて頂きました
ママさんとたくさんお話させて頂いて、色々と教えて頂いたり、
ベリも可愛がってもらえて感謝感謝な今日でした♪
やっぱり大きいコは可愛いなぁ
サラちゃんもシニアさん♪フラッティは10才を迎えるコトが珍しいそうで、
11才のサラちゃんは本ッ当に頑張ってる凄いコだったのです
ベリも頑張らなきゃネ!って凄く元気をもらいました(>∀<)

しかし、そんな血だらけベリだったので血が申し訳なかったです。。
本当にこの血って何時か止まるのかな!?
腕に付く→舐める→胸のふわふわに付く→ベリが血塗れに…の悪循環
先生も「止めるのは難しいネ~」って言ってたし(・ω・`)
せめて脚くらいの出血程度になれば良いんだけどなぁ。。


待機中、何故かフラリと立ち上がり、超遅い速度で逃亡を図られた…
blog3_20140507214154053.jpg
↑コレは勿論、車も人もない私道で立ちつくしてる写真です^^;

「歩けないんだから大丈夫じゃん?」
と言われたケド、眼の前は車多い道路なのにぽてぽて歩いてこうとするベリ。
背中を向けられた時点で、万一のため慌てて掴み
「何?何処行きたいの?何事!?」
と聞いても、歩きたがるので歩道の辺りまでだけ、
ハーネスの取っ手を掴んで、促されるままついていったら…
子雀の死骸発見でしたぎゃーす(>Д<)

その後、ひとりで病院の脇の小路に入って行き、
手を離しても、珍しく自力でカラダを支えられているらしく、
トリミングルームの前を越えてのんびりよたよた。。
15mくらい歩いた所で寝ちゃったので、ベリパパに運ばれましたが、
今日はベリにしては歩く気がずいぶんあったなぁ
やっぱり、お友達とかいる方が頑張れるんだよネ、ベリって。


さて、リンゲル注射は継続になりましたが
次の検査は暑くなる前で良いそうです。
ってコトはあと2ヶ月近く先でも良い?ちょっと心配だけど
…じゃあつまり、あともって1ヶ月ってありえないよネ?
だとしたら言われて半月近く経ってるのに、2ヶ月先の話する?
てかヘマトクリットこんなに上がったなら…やっぱり間違い!?

「脾臓にコレだけ大きいのあったら、普通はもって半年くらいかな。
でもベリーは2年も共存してるしもしかしたら違うかもネ」
と、副院長に言われました。
…信じるョ!?そのもしかしてを信じるからネ!(`・ω・´)


べっくんに掛かりっきりでうちらもGWは全く出掛けなかったし、
お友達や声かけてくれる人がいると、頑張って歩こうとするベリなので。。
せめて、ベリのお友達にはそろそろ逢いに行きたい!
この様子なら他のコがいても、もぉ大丈夫そうだし(・ω・U
おやつとか食べても、一切吐かなくなったから平気なはずだし。

ベリパパは「犬質か!?お前らの車に息子ちゃんは乗せん!」だし(笑)
ベリママも、あんまり歩かせなくても…って感じだけど。
お友達を眺めたり、ちょっとついていってみたりしてる時の、
何となく楽しそうなベリーの顔を知ってるから♪
どうにかそろそろ、可愛がってくれる人やお友達には逢わせたいな


さて、安心はしてられないしまた肝臓と戦わなきゃだけど。
やっと上がった血液関係の数値が悪化しないように頑張らなきゃネ!
本当に良く頑張ってくれました、ベリー
ちっくん続いて可哀想だけど…まだまだ一緒に頑張ろうネ(・∀・)ノ

食べ合わせの話、ちょっと追記に書いておきます。



★お見舞い・励ましありがとうございます★
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

続きを読む

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

現在のベリーの様子。

自分の具合もだいぶ芳しくなく…
なかなかブログの更新が出来ずにおります。
天気のせいなら良いのですが(・ω・`)

ベリーの近況です。
衝撃を受けた土曜の夜、慌てて勉強し直し、
日曜から手作り療法食を始めました。
元々、アレルギーの療法食(フード)を病院で長年買っていますが、
コレをとにかく食べないのがそもそもなので。。

朝晩の自宅注射をしつつ、とにかく食べてくれれば!と。
貧血メニューを基本に作っています。
栄養素は、長くなるのでまた次回に書きますネ


まずは牛レバー。
小松菜・椎茸・えのきペイスト・ひじきを卵でココット風に。
あげる時は細かく切ってあげます。
blog7_20140502000221274.jpg

こちら、冷凍して置いておいたお焼き。
細かくしたラム肉&ひじき、擦ったごまをじゃがいもへ。
ラップに包んで冷凍庫へ。
blog8_201405020002224b7.jpg

昔は、嵩増しのためにたくさんの野菜を毎日煮て、
野菜スープにしてフードにトッピングしていました。
(ちなみに元々、生野菜は全く食べないコです)
だけど今のベリはとにかく拒むし、茹で野菜には見向きもしないので、
全部フープロで微塵にして調理してます。


さて、こんな書き方をしていると、
今でも拒食をしていると思われるかもしれませんが…
日曜から劇的な変化が起きています。
ベリさん、食 欲 全 開です
blog2_20140502000521a11.jpg

リゾットのお米の粒を、こそぎ取る食べ方。
しばらく鼻の頭にご飯粒つけっぱなしで何か言ってたw
blog3_20140502000524276.jpg

もぉないです、おしまいです。
何でかベリママが1回分の半量しか入れない。
blog1_20140502000523e2a.jpg


この勢いで…病院のフードも食べてくれたら。。
と、フードを口に持っていくと、ぷいっ。
「やっぱり嫌がるか…」
「いや、とりあえず知らんぷりしとこう」
とフードを置いたまま、みんなで席を外すと。。
blog4_20140502000525f55.jpg

カリカリ、カリッ…
控えめながら、DKから聴こえてくる音。
何だか、明らかに不味そうに食べてるケド(笑)
ガツガツせずに、ちょっとかったるそうに食べるケド、
とりあえず2/3くらいなら食べるようになりました

「不味いのよネ!でも腹の足しくらいにはしてやんョ」
blog5_201405020005277cd.jpg
めっちゃ悪そうな顔しとるΣ(・∀・;)


そんな訳で私は今、毎日ご飯を作りに行っています。
一生懸命にレシピをプリントアウトして、
ママが理解るように全ての分量をベリ用の量に計算し直し、
上張りするカタチで見やすく書き直して。
かつ、ママが読みたくなるように可愛いプリントを作ったのに、
ベリママはファイルから出すコトさえしません(`ω´)
娘は3時間かけて、夜中に泣きながら作ったんですョ、母よ。。

「バッカでぇ!ママが読む訳ないじゃん」
「MaNaちゃんが来て作ってりゃ必要ないもん」
「そんなの作ってくる方が悪い」
「老眼だから見たくないし~」
えぇ、通って作りますケドね。
でも昨日は本を持ってきてって言ってたのョ、
せめてファイルから出して一瞥くらいしなさいョ!(`Д´)ノ


と、喧嘩する相変わらずの我が家←
ベリからしたら『来てもずっとキッチンに居るつまんないねね』っぽい
そして『ちっくんする時に押さえ込んでくる』嫌なねね
…何か尻尾を振ってくれないんですが、うちのコ(゚´ω`゚)゚

頑張って美味しいまんまを作っても、あげるのはベリママ。
「ママ凄い!コレ美味しい!何時もより良い!」
って、はぐはぐするベリ、ねねが作ったとは知らないのョ…
良いさ良いさ、僕ちゃんが元気になるなら(´;ω;`)


キャベツ・ひじき・椎茸・にんじん・えのきペイストに、
刻んだラム肉とトマトを入れたリゾット。
お米も野菜もくたくたの方が食い付きよし♪
魚はお刺身が好きだけど、お肉は焼いた方が好きみたい。
blog9_20140502002114065.jpg

一緒に載せてるのは昨日のメニューですが、
先述したココットがあんまり好きそうじゃなかったので、
じゃがいもを足してスパニッシュオムレツに変えました。
純ごま油で焼いたら、鼻ひくひく
ココットよりこっちの方が食い付きも良かった。


今日は、肉を卵に・きのこは舞茸に変えて、
フルーツトマトをたっぷり入れてリゾットにしました。
フープロは使わずに手で微塵切りにしたのだったケド、
ソレでも嬉しそうに食べるように(((o(*゚▽゚*)o)))

食欲全開!
くれくれを断ると、しょぼんとする今日のベリです。
blog6_2014050200231976a.jpg


ずいぶん吠えるようになりました。
声の張り…というか声量&大きさ自体も変わったような。
ご近所迷惑な声で、ぎゃんぎゃん文句言ってきます。
顔を上げてるコトも多くなりました。
本当に毎日注射いる?こんなに食べるのに?
って云うのが、正直な感想です。

悪性かどうかは調べてないんです、だって。
ハイシニアの今、対処法がないのに負担をかける必要はないから。
手術も抗ガン剤も無理なら麻酔なんてもぉかけたくない。
一昨年のキャミックでさえ不安だったのに…


仮に、本当に末期だとしたら、
あんな告知のコがこんなに騒いで食べるでしょうか?
痩せ衰えて、少しずつ食欲を失くすならまだ理解ります。
食欲が回復して、体重オーバーしそうで慌ててるくらいの状態で、
信じろと云う方が難しいと思うのです。

だから、私は信じません。
ベリーの生命力はまだまだ強い!
と、目の力や食欲を見ていると思うからです。
例の巨大腫瘍が見えてるだけなんじゃないの?って云う、
最初の感想を消すつもりはありません。
絶対に誤診!と、家族みんなで言っています。


元々、あまりにも拒食が長いから始まったリンゲル注射です。
一昨日だかに追加分を受け取りに行ったから、
今うちにある分がなくなるのがGW終盤~明けのはずなので、
その頃に直接連れて行くつもりです。
また検査もして、数値も見なきゃだし。

ヘマトクリットさえ上がってくれれば…
と切実に祈りつつ(>_<)
心なしか、舌裏のチアノーゼも良くなったような気もするので、
せめて肝臓問題の時=30には戻ってるさ!
と、ねねは信じています。



★頑張れ、ベリー!みんながついてる!★
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

BERRY
birth:2000.9.12
kind:ラブラドールレトリバー
sex:♂  color:イエロー
weight:36kg

おっとり優しい男の子。
泣き虫、かなり甘えんぼ。
ラブなのに愛想がないマイペース。
だけど我慢強い頑張り屋さん!
前肢のハンデ・甲状腺障害、
お腹の中の巨大腫瘍…。
そして高齢による様々なコト。
どんな困難にも負けない強い男の子☆
茶々
birth:2004.11.20頃
sex:♀ kind:茶トラ
weight:too heavy...

とても賢い分かなり生意気。
何時まで経ってもやんちゃ娘。
真冬の氷雨の中、ベリに拾われた。
自分を「大きくなれない大型犬」
だと思っているらしい。
特技はレトリーブ&ドリブル!
なかなか珍しい茶トラの女の子。
MaNa
birth:11.25
sex:♀  type:O

ベリ茶々の『ねね』
とにかく大型犬が大好き!
だけどベリは両親の息子ちゃんなため
2012年、茶々を連れ嫁入り。
料理と動物が好き。
家中をラブ・茶トラ・キティちゃんの
グッズで溢れさせる迷惑な妻←
ベリーの介護のため何かと実家へ赴き
顔を見に行く生活。
シニアlifeでも幸せなのです♡
JUMPEI
birth:10.1
sex:♂  type:O

旦那さん。茶々のにーたん。
今まで犬猫はおろか、幼少時から動物
に一切関わらない生活を送ってたのに
犬バカ一家の娘にプロポーズ…
しかも大型犬。そして嫁入り猫付き。
今ではかなりの猫バカ茶トラばか♪
ベリの介護にも率先して参加しベリの
ために実家付近に家を借りてくれた、
すっかり動物好きな銀細工職人。
IV-U
Unique,Universal,Unknown,Unchain
の4つのU【4U】をコンセプトに、
あなたのためのアクセサリー(for you)
を全て手作業で作っております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
はつこいclock
旅するジャッキー
わんポチにゃんポチ
ランキング参加してます♪
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。