スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベリと棒/独り言。

最近のお散歩の様子をまとめて
blog1_2013111900115429c.jpg

怪獣さん、冬以外ver.を着て久しぶりに土手へ。
ちなみに冬用は黄みどり色で素材もフリースです♪
こちらはパイルで濃い緑(ノ∀`)
blog2_201311190011561bf.jpg


土手の近くでベリパパ&次兄が仕事をしてたので、
寄ってたりしてたらベリくんに災難が。。
最近、玄関に降りると安心してうんPしちゃうんですが、
そんな感じで土手に着いて安心したらしく…

カートから降ろそうと担架マットを持ち上げたら、
安心したのか降りる前に大量のうんP(>_<)
マットもお尻も、怪獣さんもうんPまみれに
慌ててウェッティとお水で洗ったりして応急処置したケド、
さすがにダメだったので電話でお風呂の支度頼みました。


しかしうちの主人、本当に私と一緒になるまで動物皆無で、
触れるコトさえない生活だったんですが…
今やベリのうんP付いても全然平気になってる。
ソレだけベリくんが可愛いってコトだネ!(`・ω・´)
(努力とか適応性とか言ってあげない私←)

私は大切なコト、みんなベリが教えてくれたョ♪
旦那くんも、ベリ茶々と一緒になってずいぶん変わりました。
周りにも「疑似パパ頑張れ~」言われてますが(笑)
やっぱり茶々を嫁入り猫にして良かったと思います。
本当に、人間性とか器ってのが凄く良い方向に変わったな~と、
柔らかい顔で笑う主人を見て常々想うんです

とりあえず、ベリの粗相は一先ずで。
気を取り直してウロウロと歩かせてみたら、
2年ぶりの素敵な出来事が…!?(((o(*゚▽゚*)o)))


ベリは棒が大好きです。
何が何でも咥えて、おうちまで持って帰ってました。
夏の暑い日はパウントを我慢しても(笑)

でもこの2年は土手に自力で行くコトも滅多になかったし、
母方の実家の傍の大きな公園へ行く機会もなかったし。。
ベリ自身、遊ぶ気力もなかったんですが…


おぉ!?
blog3_2013111900115718d.jpg

久しぶりに見付けた大きな棒を咥えて歩くベリきゅん。
心なしか足取りも軽やか
※旦那のiPhoneカメラが歪んでしまってるので、ブレています。ご了承下さい(>人<)




かじかじまで始めた。
お尻もマットも汚れてるから、早く帰ろうって言ったのに、
全然このしと帰る気がないww



手の上を綺麗に転がって、ベリがいちばん吃驚?
まぁ、元気なら何してくれても良いさ(・ω・U

恒例!?ムサシの間取りチェック☆
blog4_20131119001159426.jpg
帰りがけにムサシに逢えただけで、この日はまったり棒遊びでした。



さてさてこちらは別の日。
完全に冬モノに衣替え完了したベリさん。
やっと着せられたNewセーター
blog5_2013111900115355a.jpg

ワッペン付きでイギリスの学生さんみたい♪
blog6_20131119001754523.jpg


土手ではたくさんのお友達に逢えたケド、すぐに真っ暗に
最初に逢った松五郎&麦(パグ&Fブル)コンビは撮れた気でいたケド、
元気な麦ちゃんは走り回っててブレブレに(笑)
まつは黒バグくんなせいか、暗くなり始めてて顔が見えなかった。
そして、暗がりに浮かぶベリとピースくん(ジャック)も何とも青白く。。

ってコトで写真がありません!
ので、顔文字のまんまのベリくんを
blog8_20131119001752edf.jpg

(`・ω・´)キリッにあまりにも似てて、旦那くん爆笑の1枚でした!
続きは独り言なので、ひとまずコレにて。


★参加中です、よろしくお願いしま~す★
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ



今日は検査結果を聞きに、自分の病院へ。
今月上旬に新しい病気が見つかったんですが、
その時に一緒に受けた検査が半月かかるとのコトで…
結果は陰性だったからとりあえずホッ。
(ちょっと手放しで喜べない結果だけど、まぁとりあえずは)

ついでに、新しい病気の話と先々の相談。
対処療法はあるケド、保険外で全額私費と前回も聞き。
経済的にも肉体的にも負担がかかるから、様子見の姿勢は変えず。
(しかも根拠はないからやってみないと理解らないって)
水天宮のわんこ像には偶然触る機会があったけれども、
おかまちゃんでもベリくん居るから、神頼みよりベリ頼み(・ω・U


何だか、今月に入ってすぐ目まぐるしくて。
嫁として・妻としての決断を迫られたかと思ったら、
同時に娘として心配なコトが起き。
更に同時に、母としての決断にも迫られると云う…

本当に本当に、取り付く島もなく全てが同時に起きてしんどいやら。
4つの肩書きを同時に決めるって考えたコトもなかったョ。
娘として…は正直大したアレじゃないっちゃないんですがねぇ
他はさすがに重かったな。
何か、一息ついたら治まってた吐き気で3週間ぶりに嘔吐。
明らかに胃から血が出てる、昨夜の焼き肉が嘘みたい(^-^;)

まさか…まさか今夜の原因は鶏出汁!?
(春先に鶏を食べたら吐血して以来、鶏が苦手になりました…)
アレルギーとか絶対ないんだケド、こうも偶然が重なると無理になるネ
もぉナゲットとつくね以外は出汁でもやめよう。。


今週は早朝からベリママも一緒に他県の現場に行ってるとのコトで、
病院からそのまま実家に直行したんですが。
急に認知症が悪化しちゃってる祖父が、偶然玄関に。
上着を着てスーパーに行く支度してて、だいぶまともに見えたケド、
足元のマットが明らかに…びしゃびしゃ。

多分、私が来る前に粗相なりしちゃったんだろうケド、
「片付ける」って意識が抜けちゃってるのかな?
ソレとも単純に、ボケて忘れちゃってる?
さすがに匂いを確認とかは出来ないので…ベリママに電話。
古いマットだし処分してくれとのコトで、袋に包んでゴミ箱へ。
床を軽くお掃除。

耳が全然聞こえない祖母の所に、お米屋さんが配達に来てくれてて、
代わりにお会計してお米を運んで部屋に入ったら、靴下びちょびちょ。
何かもぉ何がこぼれてるか理解らないので、靴下は洗濯機へ。
大声で話さなきゃいけないから頭がかなり痛い。
嫌な話ばっかりしてくるケド、話を終えるまで何度でも名前を叫ぶので、
こめかみを押さえながら付き合う。

ママ、大変だなぁ。。
と思いながら2Fに上がると、ベリくんもちっここぼしてた!笑
歩きうんPなので、ソレを避けてちっこしたら、こぼしてたみたい。
さすがにベリのは汚いとか何とかないので平然と片付けますが(・ω・U
人間の大人のは、やっぱりキツイよなって思う。


母方の祖父母は介護も何もなく逝ってしまった。
生前から誰にも迷惑をかけない、凄い人達だった。
祖父は神様とも言われたレンズ技師、祖母は腕利きの洋服仕立職人。
素晴らしい職人だった…とみんなに言われた。
おかげか、いちばん下の孫娘は親も亭主も職人です(^ω^)

ただ、愛する猫だけ遺していった。
その母娘の猫も、娘は誰にも懐かないままエイズで亡くなった。
推定16才くらいだった母猫は、震災の1ヶ月前に私が看取った。

奇跡を起こして生きてくれた10日間。
すぐに…と言われたのに、骨と皮だけのカラダでも生きてくれた。
ぐにゃぐにゃに麻痺した手足まで真っすぐに伸びた。
オスワリが出来るようになって、1度は私の膝に跳んできた。
1.5kgになって、食べるコトも出来ず餓死してしまったけれど…
そんな状態でもお骨はモノ凄く丈夫で、綺麗で火葬場の方も吃驚してた。
最期の日は何故かベリと茶々が、揃って挨拶をしに来たっけ。


老いるって何だろう?と友人と話したコトがある。
彼女のおばあさんは認知症で家族の誰も理解らず、施設に居た。
きっと全て真っ白に戻して、煩わしい俗世を忘れて人は死ぬんだろうと、
彼女はそう結論付けて話してくれたっけ。
真っ白な状態で生まれたから、その状態に還って死ぬんだョ、と。

今朝、病院に行く道々で、イエローラブちゃんを見た。
歩く…と云うよりも、足が運べているのも不思議なくらいの歩き方で。
肩も首も落として、後方にやや反りながら、本当に本当にゆっくり。
必死に片手を上げ、片足を上げ…を繰り返す姿を横目に、
感傷でも憐憫でもなく、小さな蝋燭を見つめるような気分になった。
ソレは、紛れもなく必ず訪れるモノへの、敬意にも近い受け止めなんだろうか。

生まれたての子犬の、覚束ない足取りを。
何故かその時、確かに、名も知らぬ彼女に見覚えた不思議。
(頑張ってネ…頑張りすぎないでネ)
自転車で坂を駆け上がる一瞬なのに、網膜に焼き付いてしまった。


こんな場で云う話でもないけれど、
実家の祖父母があまり好きではない自分には、特に悲しみも何もなく。
正直(ママが大変だなぁ、何時まで苦労するんだろうか…)なんて気持ちしか、
ただただ思い当たらないんだけれども。

子供の頃は、ずっと一緒にいたもんだから。
ソレを思い出すと何とも不思議な気分にはなる。
祖母の過干渉に睡眠すら邪魔されノイローゼになったのは成人した頃だったか。
子供の時分は、自分からついて行ってたんだろうにネ。


人も、動物も、確かに老いていって。
その時にきっと何かを置いて行くんだと思う。
母方の祖父母や、猫達には後悔ばかりが残ってしまった。
猫に関しては、今でも自責ばかりが募ってしまうケド。
「虹の橋で待ってちゃダメだョ、娘を連れて天国の本当の飼い主の元へお行き」
と何度も何度も教えたから。
あの、賢いコならきっと真っ直ぐに祖父母の所へ行ったはず。

彼女が置いて行った、後悔と自責とソレ以上の愛情は。
今、ベリーと茶々のために、忘れてはいけないモノ。
例えどんな肩書きが追加されようと。
私は「ベリ茶々のたったひとりのねね」だもの。


色々と考える1日でした。
さて、明後日は茶々のお誕生日
保護猫なので推定出生日から、私が勝手に決めたモノですが(笑)

ちょっと美味しいまんま、食べさせてあげよっと(*´ω`*)
スポンサーサイト

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール
ジャンル : ペット

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

* ラフィ&あみままさん *

ベリ、草の上だとずいぶん歩いてくれます♪
ちょーど両親とも作ったDVDを見ながら、
「あぁ…あんなに棒が好きだったのにねぇ」
なんて話してたんで吃驚しました!
本当に嬉しかったです(*^-^)v

ありがとうございまーす♪
今も茶々にザックリ噛まれて手に大きな傷を付けてます(笑)
ベリも茶々も大事にしてくれるので、有り難いです(^-^)b

No title

ベリさん、歩いてますねぇ♪
色々失敗もあるのに、大変なお世話を旦那さんもしてくださり、
ベリさんは幸せなわんこさんですね。
旦那さん、やさしくて、素敵!!
BERRY
birth:2000.9.12
kind:ラブラドールレトリバー
sex:♂  color:イエロー
weight:36kg

おっとり優しい男の子。
泣き虫、かなり甘えんぼ。
ラブなのに愛想がないマイペース。
だけど我慢強い頑張り屋さん!
前肢のハンデ・甲状腺障害、
お腹の中の巨大腫瘍…。
そして高齢による様々なコト。
どんな困難にも負けない強い男の子☆
茶々
birth:2004.11.20頃
sex:♀ kind:茶トラ
weight:too heavy...

とても賢い分かなり生意気。
何時まで経ってもやんちゃ娘。
真冬の氷雨の中、ベリに拾われた。
自分を「大きくなれない大型犬」
だと思っているらしい。
特技はレトリーブ&ドリブル!
なかなか珍しい茶トラの女の子。
MaNa
birth:11.25
sex:♀  type:O

ベリ茶々の『ねね』
とにかく大型犬が大好き!
だけどベリは両親の息子ちゃんなため
2012年、茶々を連れ嫁入り。
料理と動物が好き。
家中をラブ・茶トラ・キティちゃんの
グッズで溢れさせる迷惑な妻←
ベリーの介護のため何かと実家へ赴き
顔を見に行く生活。
シニアlifeでも幸せなのです♡
JUMPEI
birth:10.1
sex:♂  type:O

旦那さん。茶々のにーたん。
今まで犬猫はおろか、幼少時から動物
に一切関わらない生活を送ってたのに
犬バカ一家の娘にプロポーズ…
しかも大型犬。そして嫁入り猫付き。
今ではかなりの猫バカ茶トラばか♪
ベリの介護にも率先して参加しベリの
ために実家付近に家を借りてくれた、
すっかり動物好きな銀細工職人。
IV-U
Unique,Universal,Unknown,Unchain
の4つのU【4U】をコンセプトに、
あなたのためのアクセサリー(for you)
を全て手作業で作っております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
はつこいclock
旅するジャッキー
わんポチにゃんポチ
ランキング参加してます♪
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。