スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の夕方。

台風一過の急な猛暑だった今日。
夕方に降り出した突然の雨も、すぐに上がって。
空に、くっきりと虹が出ていました。

18時半をとうに過ぎた、暗めの曇り空。
雲海に映って2つかかった状態になってる。



撮り損ねてしまったケド、本当に綺麗な綺麗なアーチ型で、
見事に半円の全てが見えたんです。
角度すらつかずに真正面から見えた✨
虹の全体を見れたのは、生まれて初めて!!
本当に虹の橋が出来てました(*´ω`)

みんな、そこに居るんだネ。
袂まで見えた虹の橋に想いを馳せる。
虹の橋に最愛の我が子が引っ越した方に、届きますように。


(うちのミミとファーファは、本当の飼い主=祖父母が先に他界してるので、
ひとりで橋を渡って真っ直ぐ天国に行くよう言ってあります)



ーーーー。

時刻は19時目前。
自宅マンションの真裏で、主人が声を上げる。
「何か黒い…犬がいる?」
言われて見やっても、黒い車が暗がりにあるだけ。
うーん…でも色弱だから代わりに保護色に強い眼って言ってるし…
と立ち止まったら、本当に居た!!

ノーリードの黒い中型犬。
「甲斐犬?立ち耳だし甲斐犬かな?」
「飼い犬?」
「甲斐犬!日本犬でそーゆう犬種がいるの」
人に着いてってるしノーリード散歩かぁ…アレ?人が離れていく。。
そして、そこには車が!!

「あぁ、車が危ない!きっと迷子だ!!行くぞ!!」
スイッチ入って近付く私。
そこにはモノ凄く人懐こい、だけど元気に走り回って捕まらない、
首輪も何もない若い男の子が。。



同時にまさかのゲリラ豪雨で、びしょびしょになりながら、
近所の交番へ慌てて向かいました。
「ベリ達でわんこ慣れたでしょ!?任せた!」
主人なら抱っこするだろうと、まずは保護先を探しに行ったのです。
幸い、交番からさほど遠くないのが救い。
股の辺りに虎毛もあるし、間違いなく甲斐だ!と。

交番に着くと、幸いにもお巡りさん在勤中。
「迷子の犬がいるんです、中型の甲斐犬なんでどーすれば良いですか?」
直で保健所よりは保護期間も長くなるしと、こっちを選びました。
にゃんこの場合は即保健所で、即日殺処分もありえるから、
届けない方が良いって話だけど…
わんこなら野良はまずないから預かってくれるので。

「黒い犬ですか?赤い首輪してません?」
「え?いや…首輪してないですねぇ…主人が捕まえてるんで、紐とかないですか?」
交番には梱包ビニール紐しかなかったケド、ないよりましだと借りて。
一度、様子を見に行ったら抱っこを拒むとのコトなので、お巡りさん同伴で再びわんこの元へ。


後から聞いた話、どーやら赤い首輪の甲斐がしょっちゅう脱走するらしい。
実は私も、土手から全速力で駆け下りて来る赤い首輪の甲斐を見たコトがある。
あの時は捕まえられなくて後悔してたケド…うん、確かに毛色が同じ(>_<)
もしそのコなら何時もすぐ飼い主が取りに来るらしい。

首輪もリードもないケド、紐そのままじゃ絞まっちゃうから、
四つ編みして輪っかも作って通して。
ハーフチョーク型のリーシュもどきを作って首にかけました。
コレなら、締まる前に言うコト聞いてくれるだろうし、
このコ呼べば着いてくるから問題なさそうだし(^ω^)
お巡りさん柴オーナーだって、わん慣れしてて良かった♪

とりあえず、拾得物として1週間は警察署で保護され、
その後に保健所に移送されるそうですが。
「御礼の請求も出来ますがどーしますか?」
「いや…実は来週引っ越すんで(笑)いりません」
そうなのョ、私ら引っ越すのに!
区も変わるに、まさか最後に交番にお世話になるとはΣ(゚ロ゚)
「御礼とか本当どーでも良いです、でも無事に帰れたかだけ電話下さい」
オスワリして尻尾ぶんぶんな可愛いコ、無事に帰れますように…と。


2人とも雨でズブ濡れになり、
保護の様子を見ていた近所の方が傘を貸して下さったんだケド、
わんこが傘を怖がっちゃって(>_<)
でも本当に嬉しかったし、有り難かったなぁ♪

しかし…真上の部屋から猫は降って来て捕獲するわ、
飼い犬虐待を見付けて区役所に通報するわ、
お正月から野良さんの遺体を発見して役所に電話するわ、
最後にゲリラ豪雨に濡れながらわんこを保護して届けるわ。。
本当に犬猫事件だらけの2年間でした(>_<)


良いコト…したんだよネ?
うん、あのままじゃ車びゅんびゅんの大通りか、
反対側は踏切のすぐ側だから、線路侵入するかだったし…
わんこ助けたんだ、良かった良かったと思おう!

ほっといても帰れたかもしれないケド、近くを散歩してた人も、
この辺で脱走するのは柴だけだし甲斐は見ないって言ってたし。
何より、車に轢かれそうになってる姿を見たら見過ごせなかったんだ。

良いコトしたと思います、だからわんこの神様!
ベリを少しでも元気にして下さい(ノ_・。)
ベリママが限界です、とうとう言ってはいけないコトバも出ました…
ショックで思わず涙がぼろぼろ。
頭の良いベリには聴こえてるだろうと思ったら、辛くて。。


でも、2ヶ月も2時間睡眠な上に噛まれたママの、
「じゃあママの気持ちはどーなるのョ!?」
って台詞も理解るんだ。。
夜中に鳴き通しのベリくん。
引っ越したら、たまに預かりたい。
私達なら夜でも外に出せるもの。

不動産屋さんには、
「旅行で1日預かるとかなら問題ないと思うんで、申請はいりません」
って言われたケド…あくまで申請したのは茶々だけだし。
ちゃんと引っ越し先の管理会社に報告して、
「寝たきりの老犬なので壁や床は齧りませんから」
って言った方が、絶対に良いと思うんです。

早く片付けて、ベリを迎える準備をしよう。
吠え声が心配だけど、わんこの居るおうちもあるもん、
きっと理解してもらえるさ!
なんて、今ちょっと考えています。



★アプリ使ってみました★
iPhoneからの投稿です。
ちゃんと反映されてたら良いな~

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

* ラフィ&あみままさん *

メール頂きありがとうございました。
そして、お気遣い本当にありがとうございます。
ベリママ、いちばんの問題はやっぱり祖父母なので、
何とも言えない状況です。。

だいぶ全員に疲れが出てきてしまってますが、
夜に主人も交えて両親と会議をした結果、
・後肢用の介護ハーネスを買う
・愛犬を亡くした知人から聞いた夜鳴き対策を試す
の2つは早速用意して欲しい、とのコトでした。

夜鳴きや不眠の理由、本当はずっと認めたくなかっただけで、薄々勘付いてはいたんですが。。
今日改めて、数頭を見送った経験者さんの話を聞いたり、同じ状態の愛犬を持つ親友に聞いたり、
我が家の先住犬を思い出してみても、
もう認めるしかないなと思い…親にも言ったら納得されましたが。。
典型的な痴呆なんだろうと思います。

個体差と云うコトバを病院でも繰り返されてますが、
ベリにとっての13才は本当に頑張ってくれた結果なんだと思います。

ご近所さんにも、夜鳴きが聴こえると言われてしまったので、色々と心配なのと、
こちらもこちらでとある懸念はありますが…
マンションの方、まずは管理会社と相談していきたいと思います。

No title

大変な状況になっていたのね。
何をどういえばいいのか、今はわかりません。
ベリママさんの体も、心配です。
この暑さの中、睡眠不足は万病の元。。。

こういう事態の対処法はどうしたら。。
途方にくれますね。

なにはともあれ、今は、
昼間働くベリママの健康が一番だと思います。
それとMaNaさんの体調もね。

マンションも夜中の鳴き声は響くでしょう。
今度はMaNaさんが悲鳴をあげないように。
お昼寝が出来れば何とかなるかな。

ベリくんが泣くのは苦しいからなのかな?

* いぬのぶーさんさん *

ベリを実家で看たいのは、私も勿論なのですが、
この方法しか思いつかず、苦渋の決断でした。
鳴き声がある以上、ベリママは結局起きてしまうので、
私が泊まっても茶々も鳴くから何の意味もないと言われているのと。
祖父母が本当に厄介な性格の人で、嫁(ベリママ)は自分達の世話をして当たり前!と云う思考でもあり、私がいたら余計に騒いでしまって。。
(出戻りさせる気か!と大声で私達を呼ぶので、凄くご近所迷惑なんです…)

正直、主人との別居も考えました。
妊娠初期の不安定な時でも必ず毎日通っていたので、ベリを抱える度にお腹に力が入って痛み、
「ベリくんのコトで堕りちゃうような弱い子ならいらない」なんて言いながら担架でベリを運び、カートを押してました。
そのせいとは思いませんが結果的に流産し、母親失格だと責められ、自責も止まらず、
主人に労られるほど罪悪感が募って夫婦関係も悪くなり…
ソレでもデイサービスの送迎やベリのお世話で行く時、特に祖母と話す度に血圧が上がりすぎて体調を崩してしまって(>_<)
コレじゃまた流産する!と私も当時1回ヒステリーを起こしてしまって…
ベリパパが泣いて怒鳴るほどの大喧嘩もしました。

そんなコトもあったので、余計にベリママはひとりで看ると言ってたんだと思いますが、
睡眠不足で限界な中で祖父母の世話があるので、今はベリーを時々預かって寝てもらうしか方法がないのが現状です。
ブログ本文には書けませんが…離婚を考えるくらい追い詰められていたのも春先の本音でした。

実は、私の甲状腺じゃない方の病気はこのまま進行すると子供を望めなくなる可能性が大きく、治療方法もありません。
唯一治る可能性があるのが妊娠するコトで、今すぐにでも妊娠して下さいと言われた結果が春先のコトでした。
だけど現状、子供を望むのが難しいコトや、安定期まで安静なんてコトが無理なのも、理解しています。
だからどちらを選んでも、私達夫婦は後悔するんだろうと思っています。
(経済的に苦しいのも本音ですが…e-330

きっと、何も犠牲にせずに生きていくコトは出来ないんだと思います。
結婚生活を捨てるか、ベリーとの生活を諦めるか、
悩んだ結果が今の「実家に行ける所に住んで毎日通う」でした。
流れてしまった姿を思い出すと、今でも涙が溢れて来るのが本当の所ですが、
未来よりも今は、今ある生活を少しでも守れる方を選びたいと思います。

震災の1ヶ月前に猫を看取ったのですが、
退院してからずっと夜中にひとりで看てたにも関わらず、最期の瞬間を見逃してしまったんです。
「ミミが旅立つ時はねねが抱っこしててあげるネ」
って約束したのに、夕飯中に気が付いたら静かに亡くなっていました。
その時のコトを、今でもずっと後悔しているので、
彼女への贖罪も含めて、ベリとの時間はひとつでも後悔しない方を考えたいと思っています。

…って、まだ管理会社の許可もとれてないし、そもそも引っ越せてないんですが(>_<)
とにかく早く部屋を片付けて、ベリを迎えられる環境にしたいと思ってます。
ひとつ気になるのが、ベリママが結局、日によっては
「でもベリくん預けたら心配でママ眠れないかも!」
なんて言ってるコトなんですがe-330
尚更に、とにかく試してみるしかなさそうです(汗)

お気遣いありがとうございます。
みんなで共倒れしないように、頑張りたいと思います!

今、奈々ママさんへのコメント読みました。
今とった方法が、きっと今のMaNaさん一家にとっては、ベストなのですね。
色々事情も解らず勝手なことを書いてしまって、ごめんなさい…。

きっとみんな同じ気持ちですよね。
ベリくんの笑顔がみたい…。

MaNaさんも無理しないでね。

わんこの保護、意外と多いのですね。
私も二度あります。
一度目は散歩中。二度目は通勤途中。
両方とも、飼い主さんの元に帰れたという連絡を貰ったのでよかったですが…
そういう場面に出逢うと、自分のわんこは決して迷子にさせちゃいけないなーと思いますよね。

ベリママさん、心配です…。
介護の経験はありませんが、意志疎通ができる人間でもとても大変だと聞いています。
言葉の話せないベリくんとベリママさんの事を考えると、並大抵の大変さではないと思います。
大変だとかいう問題ではないと…
ベリくんを新しい新居に連れて行くのは、ベリくんにとってはどうでしょうか?
ベリくんがますます不安になってしまうのではないかという気持ちがあります。
MaNaさんの事情もあるのでなんとも断言はできませんが、私なら…
ベリくんの安心できる実家で、側にいてあげたい。
そして、ずっと頑張り続けて、今その頑張りをも壊れてしまいそうなベリママさんを安心させてあげたい…と、思います。
母親にはどうしても甘えてしまい、まかせっきりになりがちですが(ちなみに我が家では母ではなく父ですが)…。
家族みんなで支えていかないと、とても一人では不安に押しつぶされてしまいますよね…

そしてきっと、ベリくんはそんな私たちの気持ちを敏感に感じ取っているのではないかな?
ベリくんに哀しい思いをさせたくないよね?
暑い日が続いてMaNaさんの体調も心配だけど、後悔のない行動をしてねっ…
やらない後悔より、やった後悔の方がずっといい…私はいつもそう思っています。
ベリくんの笑顔いつも幸せそうですよね。
またその笑顔、みたいなっ…。

* 菜々ママ *

実は去年から、何度も泊まる話を出したんですが、
嫁に出たからダメだの一点張りでした。
夜鳴きが酷くなったこの2ヶ月、毎日顔を出す度に泊まろうか?と主人も一緒に言ったりしてるんですが、
「結局アンタが居てもベリくんは鳴くから、
声がすればママは起きちゃうから変わらない。
とにかく何時間も鳴きっぱなしだから誰が居ても正直状況は変わらない。
アンタが泊まったら茶々が来るし、そしたら茶々が慣れなくて夜鳴きするから、余計に辛くなる。
何よりアンタが居るのがわかったら祖母が騒ぐから悪い方にしか行かない」
と言われてしまってまして。。

祖母が騒いだ場合は、ベリがやっと寝付く明け方からそうなるので、今度はベリパパの仕事にも支障が出てしまいそうで…
始めは「泊まられても困るし、連れて行くのは可哀想だからママが看るから良い」の一点張りだったんですが、
最近は「ひとりで眠りたい、連れて行って」に変わったので、ベリとママが物理的に離れないと意味がないようで(>_<)
そんな流れで、1部屋ふえてベランダも広い引っ越し先を選びました。
6畳の部屋に10畳用のクーラーを着けたりと、ベリ対策もしてあるので、少しずつ慣らしていければなんて思ってたりします。

ベリが寝てる時間に眠れたら良いんですが、結局その時間帯は祖母が騒いでいるので、
精神的負担は祖母・体力的にはベリーな状態で、
毎日実家には通っていますが、ちょっとそろそろママも限界じゃないかなと思っています。

本当は実家でベリを看れた方が私達も安心だし、
正直主人の職場も実家のが近いので、同居の方がお互いに良かったんですが…
どーしても祖父母が居るとソレは無理なので、ベリが預かれる部屋を探して欲しいとのコトでした。
本当に、祖父母と同時の介護なのがいちばんネックだなと痛感しました(>_<)

一度、両親の希望通り、物理的にベリを離して様子を見てみようと思います。
管理会社の許可さえ取れれば、正直そのままベリを引き取っても良いと考えてますが、
ベリが居なくなるのは逆にベリママも辛いとは思うので…
まずは預かって様子を見ようと思っています。

ありがとうございます。
すぐに迎えられるように、ベリ対策の作業も早く進めなきゃと思いますe-330

No title

ベリママ、大丈夫ですか?
MaNaちゃんも引越しで忙しいとは思いますが
週に一晩でも良いからご実家に泊まってベリママと
交代してあげることは出来ませんか?
やっぱりベリーくんは慣れたおうちが一番だと思うので
新居に連れて行くことよりもMaNaちゃんが泊まってあげる方が
落ち着くと思うのです・・・。
いろいろ事情はあるでしょうが、今は何よりもベリーくんと
ベリママのことを考えてあげて欲しいです。
同じハイシニアと暮らす身としてベリママの大変さがわかりますから。

急な暑さでワンズも人も体調を崩しやすいので
MaNaちゃんも自愛しながら頑張ってください!
BERRY
birth:2000.9.12
kind:ラブラドールレトリバー
sex:♂  color:イエロー
weight:36kg

おっとり優しい男の子。
泣き虫、かなり甘えんぼ。
ラブなのに愛想がないマイペース。
だけど我慢強い頑張り屋さん!
前肢のハンデ・甲状腺障害、
お腹の中の巨大腫瘍…。
そして高齢による様々なコト。
どんな困難にも負けない強い男の子☆
茶々
birth:2004.11.20頃
sex:♀ kind:茶トラ
weight:too heavy...

とても賢い分かなり生意気。
何時まで経ってもやんちゃ娘。
真冬の氷雨の中、ベリに拾われた。
自分を「大きくなれない大型犬」
だと思っているらしい。
特技はレトリーブ&ドリブル!
なかなか珍しい茶トラの女の子。
MaNa
birth:11.25
sex:♀  type:O

ベリ茶々の『ねね』
とにかく大型犬が大好き!
だけどベリは両親の息子ちゃんなため
2012年、茶々を連れ嫁入り。
料理と動物が好き。
家中をラブ・茶トラ・キティちゃんの
グッズで溢れさせる迷惑な妻←
ベリーの介護のため何かと実家へ赴き
顔を見に行く生活。
シニアlifeでも幸せなのです♡
JUMPEI
birth:10.1
sex:♂  type:O

旦那さん。茶々のにーたん。
今まで犬猫はおろか、幼少時から動物
に一切関わらない生活を送ってたのに
犬バカ一家の娘にプロポーズ…
しかも大型犬。そして嫁入り猫付き。
今ではかなりの猫バカ茶トラばか♪
ベリの介護にも率先して参加しベリの
ために実家付近に家を借りてくれた、
すっかり動物好きな銀細工職人。
IV-U
Unique,Universal,Unknown,Unchain
の4つのU【4U】をコンセプトに、
あなたのためのアクセサリー(for you)
を全て手作業で作っております。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
はつこいclock
旅するジャッキー
わんポチにゃんポチ
ランキング参加してます♪
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ猫へ
にほんブログ村
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。